「こんなに強かったのか…」電光石火2発のU-24日本代表にメキシコ紙が絶句!「恐怖のクボ」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月25日

開幕2連勝でグループ首位に浮上

メキシコ守備網を切り崩しにかかる林(右)。メキシコ戦の日本は高いインテンシティーを最後まで持続させた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)/JMPA代表撮影

画像を見る

 圧巻のハイパフォーマンスを披露し、見事難敵を撃破した。

 7月25日に埼玉スタジアムで行なわれた東京五輪・グループリーグ第2節、日本vsメキシコの一戦はキックオフ直後にいきなり動いた。6分に右サイドを攻略した堂安律のクロスに、走り込んだ久保建英が豪快に合わせて先制すると、11分にはVARを経て与えられたPKを堂安がモノにしてリードを広げる。その後はメキシコのパワーとテクニックに手を焼きながらも、チームのバランスが崩れることはなかった。

 68分にメキシコに退場者が出て数的優位にも立った日本。敵の執念の前に1点を返されて、終盤は冷や汗ものの展開が続いたが、そのまま2-1のスコアで逃げ切りに成功した。鮮やかな連勝を飾り、勝点を6に伸ばしている。

 フランスを4-1で一蹴していたメキシコにとっては手痛い黒星だ。メキシコの全国紙『MILENIO』はこの日本戦を速報で伝え、次のようにインプレッションを示した。

「終わってみれば、前半序盤の2失点が大きく響いた。日本はうまく試合に入れなかったメキシコを一気に押し込み、クボが巧みなショットで恐怖の一撃を放ってゴールをこじ開ける。それでも日本は手を緩めず、さらにメキシコからPKをもぎ取ったのだ。まさに極上の15分間と言えるほどの圧倒ぶりで、日本はこんなに強かったのか、と選手たちも驚いている様子だった」
 
 最後は10人となりながらも意地を見せたメキシコ。同紙は「ペースを落とした日本に付き合ってしまっていたが、10人になってメキシコにも火が付いた。なんとか1点差にしてもうひとつ決定機を掴んだが、タニ(谷晃生)の好守に阻まれて終焉した」と評している。

 首位に立った日本は水曜日の最終節で3位フランスと雌雄を決し、2位メキシコは2連敗の南アフリカと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本2-1U-24メキシコ|久保&堂安弾で2連勝! ボランチ遠藤は圧巻の存在感を披露

【日本代表PHOTO】メキシコにも快勝! 東京オリンピックを戦う、選ばれし22選手を一挙紹介!
【関連記事】
【セルジオ越後】金メダルは森保監督の手に託された。フランス戦を100%で勝ちに行くのか、決勝Tを見据えるのか…お手並み拝見だね
【U-24日本2-1U-24メキシコ|採点&寸評】4人が7点台の高評価! MOMは久保でも堂安でもなく…
「半端ねえ」やっぱりこの男! 久保建英がメキシコ戦で“五輪史上最速”となる先制弾!「えぐいて」
韓国がルーマニア相手に執念の4発圧勝! 崖っぷちの窮地から得失点差でグループ首位に躍り出る!【東京五輪】
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ