開始早々2発のファーストプランは見事! 一方でセカンドプランに日本の組織的弱点が…【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2021年07月26日

日本はメキシコの警戒をあざ笑うかのように得点につなげてみせた

先制点を奪った久保がアシストの堂安と歓喜。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪グループステージ第2戦、日本はメキシコを2-1で下し、2連勝でグループ首位に立った。

 キックオフ直後から、互いに激しい球際バトルが繰り広げられる。攻守のテンポが早く、プレー強度が高い。省エネでのらりくらりと戦った南アフリカ戦とは、全く違う試合になることを、開始数秒で予感した。一瞬たりとも目を離せない。好ゲームの予感しかない――。

[4-3-3]のメキシコは、前半途中に2点ビハインドになってからはハイプレス志向が強くなったが、序盤はミドルゾーンに構える形を取った。

 逆サイドのウイングが中へ絞り、かなり中央へ縮めた陣形を作る。初戦の南アフリカもそうだったが、対戦相手は日本に対し、ライン間のスペースを使わせないことを徹底する。おそらく久保建英、堂安律が躍動する2列目のコンビネーションを、何より警戒しているのだろう。

 ところが開始6分、日本はメキシコの警戒をあざ笑うかのように、得点につなげてみせた。最終ラインのパス回しから酒井宏樹がボールを受け取ると、インサイドキックで縦のスペースへ送り出す。ボールは内側へ向かって曲がり、中から外へ走り抜けた堂安の足下へピタリ。酒井が得意とする、相手の陣形のヒゲを剃るようなライン際の縦パスだ。本来、[4-3-3]はウイングが相手サイドバック(SB)をマークしやすい陣形だが、メキシコは中を警戒している分、酒井への寄せが遅れた。

 堂安の動き出しも見事だ。酒井がボールをもらう前に、ライン間へ下がってポジションを取ると、左SBエリック・アギーレは自分のスペースを空け、堂安に付いてきた。やはり、相手は日本のライン間のプレーを、相当警戒している。
 
 しかし、その刹那、堂安はキュッとターンし、SBアギーレの背後へ全力疾走した。足下と見せかけて、飛び出しだ。酒井の縦パスに走り込んで行く。タイミングはジャスト。

 堂安はほぼノールックで、マイナス方向へ折り返す。すると、このがら空きのスペースへ久保が走り込み、見事なスライディングシュートを決めた。素晴らしい攻撃、素晴らしい決定力。サイドを破った後、どのスペースが空いてくるのか、堂安と久保の間にノールックの共通理解があった。

「日本代表は決定力不足」

 数年前はそんな言葉をよく見かけたものだが、もはや死語に近い。ロシア・ワールドカップ、アジアカップ、このメキシコ戦でも、日本代表は類まれな決定力を発揮し、良い攻撃を得点につなげて勝ち切っている。フランスには「病気が認識できれば半分は治ったようなものである」という表現があるが、決定力不足もメディアで取り沙汰された頃には、半分治っていたのだろう。そんな日本代表を見て悔しい思いをした10代が、次々と育ってくるからだ。
 
【関連記事】
「フラッグ!」三笘に飛んだ指示がメキシコ戦終盤の苦境を象徴。しっかり勝ち切るなら久保を残すよりも…【東京五輪】
「Jとは全くレベルが違う」FW前田大然はメキシコの何に“世界基準”を感じたのか?【東京五輪】
メキシコ戦で魂を揺さぶる先制弾。今の久保なら日本を頂点に導いてくれるのではないか【東京五輪】
二枚看板のホットラインが機能! 絶好調の久保&堂安は日本をメダルへと牽引できるか?【東京五輪】
「日本はホームアドバンテージを得た」U-24日本代表のメキシコ戦快勝に韓国メディアが独自見解!「クボが主人公」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ