メキシコ戦で魂を揺さぶる先制弾。今の久保なら日本を頂点に導いてくれるのではないか【東京五輪】

カテゴリ:国際大会

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年07月26日

これぞエースという衝撃

メキシコ戦で鮮烈な先制弾を叩き込んだ久保。見事な一撃だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪の南アフリカ戦で鮮烈な決勝弾を叩き込んで日本に特大の歓喜をもたらした久保が、続くメキシコ戦でもやってくれた。前半6分、堂安が右サイドからゴール前に蹴り込んだグラウンダーのクロスを左足で巧みに合わせて先制点を奪ったのだ。

 2-1で競り勝ったメキシコ戦、試合を通してみれば遠藤の働きが際立った。ボールを奪うだけでなく、そこからブルドーザーのようなドリブルで敵を蹴散らすなどチャンスにも絡む。攻守両面で中盤を引き締めたこのボランチが勝利の原動力になったと言っても過言ではなかった。

 ただ、メキシコ優位と思われた試合の空気を一変させたのは久保だ。事実、魂を揺さぶる先制弾でメキシコの動揺を誘う一方で、日本に確かな勢いをもたらしたのはこのアタッカーである。ここぞという場面で大きな仕事をやってのけるあたりはさすがとしか言いようがない。

 大舞台で活躍してこそ本物のヒーロー。おそらく本人は自分がヒーローとは考えていないはずだが、ここまで期待通りの活躍を見せているのは間違いない。サッカーファンなどからのプレッシャーをものともせず、これぞエースという衝撃を今大会で与えている久保はやはりヒーローだ。
 
 メキシコ戦までの活躍で今後、日本の対戦国は久保へのマークを厳しくせざるを得ない。久保が“恐怖の対象”になれば堂安など他の選手の負担が軽くなる側面があり、その状況を上手く生かすことで逆に攻撃が活性化する可能性もある。

 もっとも、久保本人からすればマーク上等というスタンスだろう。FC東京のアカデミー時代も年上の選手とマッチアップしながら時には削られ、それを糧に成長してきた自負がきっとある。これまで培ってきた自信は、南アフリカ戦やメキシコ戦のパフォーマンスを見ても窺い知れるだろう。

 グループリーグで連勝を飾りながらフランスとの3戦目の結果次第で早期敗退もあるシチュエーションだ。メダル獲得への道は依然、楽なものではない。しかし、今の久保なら、日本を頂点に導いてくれるのではないか。そんな期待感が膨らんできている。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)

【五輪代表PHOTO】開始6分に電光石火の先制ゴール!五輪2試合連続ゴールの久保建英!

【五輪代表PHOTO】U-24日本2-1U-24メキシコ|久保&堂安弾で2連勝! ボランチ遠藤は圧巻の存在感を披露

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
「素晴らしい選手がいるね」記者席のメキシコ人ジャーナリストが激賞した2人の日本人戦士は?【東京五輪】
「半端ねえ」やっぱりこの男! 久保建英がメキシコ戦で“五輪史上最速”となる先制弾!「えぐいて」
メキシコに“巨大なストレス”を与えた遠藤。デュエル王の貫禄を見せつけた【東京五輪/編集長コラム】
【U-24日本2-1U-24メキシコ|採点&寸評】4人が7点台の高評価! MOMは久保でも堂安でもなく…
「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ