「Jとは全くレベルが違う」FW前田大然はメキシコの何に“世界基準”を感じたのか?【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年07月26日

一枚目の交代カードで今大会初出場

メキシコ戦で65分から途中出場した前田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[東京五輪グループステージ第2節]U-24日本2-1U-24メキシコ/7月25日/埼玉スタジアム2002

 待望の出番は65分にやってきた。

 前半で2点をリードしたU-24日本代表の森保一監督が、最初に切った交代カードが、FWの前田大然だった。

 相馬勇紀に代わって、左サイドハーフに入り、80分に三笘薫が投入されると、右へ回る。「まずは守備からしっかりやってくれと言われた」というタスクは、忠実にこなした。

「こういう試合は自分が自分がというより、チームのためにやらないと今後上に行けないと思う。チームが勝つために、途中から出た選手が貢献しないといけない」

【五輪代表PHOTO】U-24日本2-1U-24メキシコ|久保&堂安弾で2連勝! ボランチ遠藤は圧巻の存在感を披露
 この五輪代表では、上田綺世と1トップの定位置を争う存在と見られていたが、Jリーグでの脳震とうの影響で、負傷した上田とともに直前合宿での調整が遅れた。その間に、元々はバックアップメンバーだった林大地が好プレーを披露。南アフリカとの初戦に続いて、メキシコ戦でもスタメンの座を射止めた。

 初戦は出番がなかった前田は、これが今大会初出場。「正直、無観客だし、あんまり実感がない。でもチームの勝利に貢献できて良かった」と、大舞台に立った感想を、淡々と振り返った。

 ポルトガルでもプレー経験がある前田だが、世界の厳しさも感じたようだ。

「ほんと、球際とか、Jとは全くレベルが違う。こういう試合を経験できるのは、僕にとって大事なこと」

 クローザー役のまま大会を終わるつもりは、さらさらないだろう。野性味溢れる快足アタッカーは、FW陣初ゴールを虎視眈々と狙っている。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
【関連記事】
「素晴らしい選手がいるね」記者席のメキシコ人ジャーナリストが激賞した2人の日本人戦士は?【東京五輪】
「こんなに強かったのか…」電光石火2発のU-24日本代表にメキシコ紙が絶句!「恐怖のクボ」【東京五輪】
【U-24日本2-1U-24メキシコ|採点&寸評】4人が7点台の高評価! MOMは久保でも堂安でもなく…
【セルジオ越後】金メダルは森保監督の手に託された。フランス戦を100%で勝ちに行くのか、決勝Tを見据えるのか…お手並み拝見だね
「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ