【J1採点&寸評】G大阪×神戸|指揮官も「お疲れモード」と嘆く凡戦でスコアレスドロー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年06月08日

2トップに迫力がなく攻撃は機能不全に。

【警告】G大阪=なし 神戸=安田(3分)、チョン・ウヨン(17分)、渡邉(85分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ブエノ(神戸)

画像を見る

【試合内容】
 G大阪・長谷川監督が「両チームとも非常にお疲れモードというか、アグレッシブさがなかったゲームだった」と語る凡戦だった。攻撃陣は運動量が少なく、意外性のある崩しもないまま、守備の粘りばかりが目立った。
 
 ホームのG大阪は、20分に宇佐美がパトリックに通したスルーパス(シュートは打てず)が、最も得点に近づいた瞬間で、90分を通じて得点の予感はあまりなかった。

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・15節
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 4.5
宇佐美、パトリックにいつもの運動量と切れ味がなく、攻撃の迫力不足は明白だった。守備は両CBを中心に安定しており、危なげなく守りきった。
 
神戸 5
ブエノが宇佐美を封じるなど、守備陣の粘りは評価できる。しかしカウンターからゴール前までは運びながら、シュートまでつなげられないアイデアのなさはお粗末だった。
 
G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 5.5
ハイボールや遠目からのシュートは難なく処理。危ない場面はほとんどなく、静かな90分間を過ごした。
 
DF
4 藤春廣輝 5.5
持ち味のオーバーラップを見せるシーンは多くなかったが、守備では無難に左サイドにふたをした。
 
5 丹羽大輝 6
ミスなく相手FWと対峙し、つなぎにも安定感。セットプレーで一発決められれば文句なしだった。
 
8 岩下敬輔 6
後半は大森に見事なスルーパスを通すなど、攻撃でも輝きを放った。守備も文句なしの出来だった。
 
14 米倉恒貴 5
対面した左SBの安田のドリブルに後手に回るシーンもあった。クロスも精度が今ひとつだった。
 
MF
7 遠藤保仁 5
珍しくパスコースを探して迷うシーンも。周囲のサポートも少なく、効果的に中盤でボールを動かすことはできなかった。
 
11 倉田 秋 5
47分に難しい左足ボレーでゴールを脅かしたが、見せ場といえるシーンはそれぐらい。攻撃に変化をつけられなかった。
 
13 阿部浩之 5
守備の力強さは
あったが、ゴール前での質を欠いた。3本放った得意のミドルシュートも枠に飛ばせず、不完全燃焼だった。
 
15 今野泰幸 5.5
中盤を広範囲でカバーする能力はさすが。しかし攻撃をスピードアップさせるパスなど、変化をつける役割はできなかった。
 
FW
29 パトリック 4.5
どこか身体が重そうで、いつもの力強さを感じさせず。相手CBの増川に競り負けるシーンも目立ち、仕事をこなせず。
 
39 宇佐美貴史 4.5
運動量が少なく、スプリント回数は90分間でわずか6回。相手のファウル気味のチャージに苛立ち、あまりにも歩いている時間が多かった。
 
交代出場
MF
19 大森晃太郎 5
走ってボールを引き出そうとしたが空回り気味。肝心なオン・ザ・ボールのシーンでミスを犯すなど、不完全燃焼だった。
 
FW
24 赤嶺真吾 5
裏を狙ってボールを引き出そうとしたが、出し手とのタイミングが合っていないのかパスは出てこなかった。守備では献身的な動きを見せた。
 
FW
9 リンス -
短い時間であわやのシュートを放った。もう少し長い時間が与えられれば、ゴール前で一仕事する可能性は感じさせていた。
 
監督
長谷川健太 5
送り込んだ3枚の攻撃的なカードでも、停滞した試合を動かすことはできなかった。エース宇佐美には最後まで信頼を示したが、疲労困憊のエースがそれに応えることはなかった。

球際で競り合う宇佐美とチョン・ウヨン。G大阪は頼みの2トップが精彩を欠き、攻撃に厚みがなかった。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ