「強いレッズに戻さないといけない」平川忠亮が引退試合で感じた、今の浦和が学ぶべきもの

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月23日

「引退試合を開催するべきか非常に悩みましたが…」

2年越しで引退試合を開催。盟友の小野と。写真:徳原隆元

画像を見る

「学ぶべきものが今のレッズにもあるのかな」

 浦和駒場スタジアムでの引退試合を終えた平川忠亮は、幸せに包まれた空間と個性を爆発させた仲間たちとの時間を思い返し、そう話した。筑波大学から2002年に浦和レッズへ加入し、移籍することなく一筋で17年間プレーしてJ1通算336試合に出場。18年の引退後は、翌19年からコーチを務める。このたび、2年越しでの引退試合が7月22日に行われた。

 折しも社会情勢は新型コロナウイルスの影響を強く受けている。当初の思いは「浦和の街に育ててもらった恩返しをしたいということを考えたときに、駒場に2万人が入れば、行き帰りを含めて浦和の街が盛り上がって、浦和の街でみんなが飲食して、試合が終わった後もみんなで歩いて浦和駅前が盛り上がって、OB選手たちをつれて街を練り歩いてみんなで飲んで、というイメージをしながら引退試合の準備が始まりました」というものだった。しかし、今それをそのまま実行に移すのは難しかった。
 
 それでも試合後のセレモニーで話した「この引退試合を開催するべきかどうか非常に悩みました。そしてスタッフと議論を重ね、チャレンジしようと決めました。辛さや苦しさの中に、その先にある栄光や輝きを、このチームに僕は教えてもらいました」という思いが、現地では上限5000人としながら、オンラインでの配信コンテンツを充実させていくという運営につながった。

 果たして、駒場での1日は本当に温かいものだった。前半のピッチは、全体的にミハイロ・ペトロヴィッチ監督時代(12~17年)の選手が多く、ショートパスをつなぎながらサイドを大きく使う当時の面影があった。中盤では清水商業高からの親友でもある小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)や、家族ぐるみの付き合いでもある柏木陽介(FC岐阜)が卓越したテクニックを見せつつ、引退試合となった平川をサイドで走らせた。

 一方で、後半は全体的に06年、07年の質実剛健なサッカーでタイトルを取ったメンバーが中心になり、対戦相手もジュニアユースを中心としたアカデミーの面々。それでも鈴木啓太や酒井友之が通ったらピンチになりそうな縦パスをカットして、速い攻撃につなげるという一面も垣間見せた。その中で、主役は前半にPKと左足シュート、後半にもPKを決めてハットトリックを達成していった。
 
【関連記事】
「20代前半でのクビも仕方ないと…」悩める平川忠亮を浦和のバンディエラに押し上げた存在
「これが安心安全にプレーできる環境か」吉田麻也は海外記者からの問いに何と答えた?
【U-24日本1-0U-24南アフリカ|採点&寸評】まさかの大苦戦もウノゼロ勝利!千金弾の久保が最高評価!
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」
【セルジオ越後】日本のほうが夏バテ気味だった五輪初戦…堂安も田中も、いつもの彼らじゃなかった

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ