なでしこジャパン、苦しんだ五輪開幕戦での貴重な勝点1。満足できる結果と内容ではないが…

カテゴリ:Jリーグ

西森彰

2021年07月22日

1失点目は相手を褒めるべき。ただ…

徹底的にマークされ、自由を与えてもらえなかったなでしこのエース岩渕。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 7月21日、札幌ドームのピッチに登場したなでしこジャパンとカナダ。その前に行なわれた同グループの試合は、イギリスがチリに2-0で勝利していた。負けるわけにはいかないが、勝点3を手にすれば、優位に立てる。リスクと報酬が天秤にかかった一戦は、最終的に勝点1ずつを分け合う結果となった。

 なでしこジャパンは、テストマッチのオーストラリア戦をクリーンシートで終えた守備陣から、2名を入れ替えた。GKには池田咲紀子、左サイドバックは北村菜々美が入った。一方、カナダの前線は2トップで、この日、代表300試合出場を達成した大ベテランのクリスティン・シンクレアはトップ下を務めた。

 焦れる展開を予想していたが、キックオフから6分で試合が動く。日本の左サイドのスペースで、ニシェル・プリンスがボールを受け、アプローチがやや遅れた隙に、グラウンダーで折り返される。中央に守備の人数は揃っていたが、シンクレアが巧みに侵入してシュート。ポストに跳ね返ったボールをもう一度詰めて、先制点はカナダに転がり込んだ。

 最後の瞬間、ディフェンダーの一歩前に入ってきた大ベテランの動きを褒めるべきかもしれない。ただ、相手のトップをしっかりとセンターバックが抑えていても、2列目の選手にフリーで打たれるというシーンは前哨戦でも散見し、ディフェンスリーダーの熊谷紗希も試合後に反省事項として挙げていたところ。リスクを負ってプレーした後半はやむを得ないとしても、この時間帯は何とか対応したかった。
 
 失点のダメージからか、この日の日本はビルドアップのスタートでもたつき、なかなか有効な攻撃が見せられない。フリーの状態でもパスがブレて、個人で仕掛けると複数の相手に囲まれる。なかでも、岩渕真奈は徹底的にマークされた。ボールを受けるために中盤まで下りても、2枚、3枚がかりのマークは変わらず、自由を与えてもらえない。

 日本は20分過ぎから、チーム全体でポジションチェンジをするが、カナダもデジレー・スコットとレベッカ・クインのふたりを中心に、柔軟に防戦。日本がプレスを仕掛けても、フィジカルの強さで退けられ、状況を変化させることができない。

 この時間帯に、カナダが本腰を入れて仕掛けていたら、どうなったかわからない。だが、1点リードの状況を考えたか、ボール保持を優先させ、ゴール前に入ってくる選手の数は多くなかった。逆に、全てがうまくいっていない日本は、相手のパス回しに翻弄されながらも、ガス欠のリスクを冒して愚直にボールを追った。大きく体力を消耗しながら、カナダにも楽をさせず、その体力を削っていった。これが、後半への布石になった。
 
【関連記事】
「取り上げてもらいたくないので…」記者に“異例のお願い”をした岩渕真奈の真意
「こんなこと言っていいか分からないですけど…」久保建英が濃厚接触者多数の南アフリカ戦に言及
「馬鹿なことをしてしまった」44戦無敗から一転、衝撃の黒星発進に米代表36歳FWは唖然。指揮官は必死に前を向く
【南アフリカ戦のスタメン予想】久保、堂安と2列目を組むのは? 三笘の状態は?
「イ・ガンインの名さえない」韓国メディアがスペイン紙選出の“東京五輪注目5傑”に落胆!「クボはいるのに…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ