「日本相手の敗北は、力になる」東京五輪のGSでホンジュラスと同居の韓国、隣国の強化試合を注視!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月13日

「日本は底力があった」ともレポート

2ゴールを奪った堂安。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 隣国の戦いに興味津々だ。

 U-24日本代表は7月12日、U-24ホンジュラス代表との強化マッチを実施。オウンゴールで1失点こそするも、吉田麻也と、堂安律の2ゴールで、北中米カリブ海代表の難敵を相手に3発快勝を収めた。

 この結果に敏感に反応したのが、韓国メディア『スポータルコリア』だ。というのも、韓国は東京五輪のグループステージでホンジュラスと同居しており、この一戦は情報を仕入れるにはもってこいというわけだ。『スポータルコリア』は「キム・ハクボム監督(U-24韓国代表)のチームの対戦相手は、1-3で日本に敗北」と見出しを打ち、詳細にレポートしている。
 
「ホンジュラスは、ヨドコウ・サクラ・スタジアムでオリンピック開催国の日本を相手に親善試合を行なった。ホンジュラスは日本戦で、グループリーグで対戦する韓国戦に備え、日本もグループリーグの対戦相手であるメキシコを仮想して、ホンジュラスと対戦したのだ。

 結果は、日本の3-1の勝利であった。日本はマヤ・ヨシダ、タケフサ・クボ、ワタル・エンドウ、リツ・ドウアン、ヒロキ・サカイら主力選手を先発に起用し、13分にクボのFKからヨシダ、40分にドウアンがゴールを奪った。

 前半に2失点したホンジュラスは反撃のチャンスを得られないが、66分にタケヒロ・トミヤスのオウンゴールで1点を返す。しかし、日本は底力があった。1点を奪われた後、85分にドウアンが1ゴールを追加し、勝負のくさびを刺した」

 この結果を受け、同メディアは末尾でこう、まとめている。

「親善試合なので断定は難しいが、ホンジュラスの敗北の結果は、決戦の準備を進める韓国の力になるだろう」

 韓国では、ホンジュラスの完敗は朗報として捉えられているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】ヨドコウ桜スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
【U-24日本3-1U-24ホンジュラス|採点&寸評】“仮想メキシコ”に快勝! 2発のエースとCBの2人を高評価
「素晴らしい集団プレーを前に…」ホンジュラス・メディアが日本の五輪チームに脱帽!「DFを切り裂かれた」
「ボールを運ぶことすらできなかった」U-24日本代表の強さにホンジュラス指揮官も脱帽!
日本を救った堂安。ホンジュラス戦の3点目の価値は極めて高かった【編集長コラム】
「さすが日本の10番!」「優勝あるよね?」U-24日本代表がホンジュラスを振り切って勝利! サポーターが驚愕した出来事とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ