期待の英代表MFが屈辱の途中出場・途中交代。“非情采配”に「失敗すれば叩かれる決定」

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年07月08日

「グリーリッシュに同情する」との声も

グリーリッシュ(右)にとっては非情とも言えるサウスゲイト監督(左)の采配が話題となっている。(C)Getty Images

画像を見る

 母国でのタイトル獲得まであと1つと迫り、イングランド代表は沸いている。ただ、ジャック・グリーリッシュは複雑な心境かもしれない。

 7月7日のEURO2020準決勝で、イングランドは延長戦の末に2-1でデンマーク代表を下し、ファイナルに駒を進めた。スリーライオンズ(イングランド代表の愛称)が主要大会で決勝に進んだのは、優勝した1966年ワールドカップ(W杯)以来のことだ。このときも、舞台はイングランドだった。

 当然、チームも国も喜びを爆発させている。ただ、今大会でのブレイクが期待されたMFグリーリッシュはタイスコアだった67分から途中出場したにもかかわらず、延長戦で追加点が決まると、キーラン・トリッピアーとの交代を命じられた。リードを守り切ろうとする中で、ベンチに呼び戻されたのだ。

【動画】物議を醸すPK判定も…激闘のイングランド対デンマーク
 大舞台での途中出場・途中交代に満足する選手はいないだろう。ただ、ガレス・サウスゲイト監督はチーム優先を貫いた。英紙『Daily Mail』によると、元イングランド代表のガリー・ネビルは、非情とも思われる指揮官の采配を称賛している。

 ネビルは「サウスゲイトは失敗すれば叩かれる決定を下してきた。大会を通じて自分の道を貫いてきた。大会を通じて自分の道を貫いてきた」と話した。

「あのドレッシングルームにはエゴがない。彼はチームのために必要な決断をする。今夜のジャックは苦しんだ。途中出場で途中交代という意味では、ばつが悪かっただろう。だが、それがチームにとって正しいことだったと彼は理解するはずだ」

 元アイルランド代表のロイ・キーンも「彼(サウスゲイト)はナイスガイだが、このレベルで仕事するにはキツくもなければいけない。だから、ガレスのあの決断は驚きではない」と続いた。

「ジャックはもっと大きな絵を見なければいけない。大切なのはチームであり、決勝に行くことだ。ガレスがああいう決断を下せる監督なのは疑いなく、今夜もそれを証明した」

 元イングランド代表のイアン・ライトは、「嘘はつけない。グリーリッシュに同情する」と、選手を慮ったうえで、やはりチーム優先と話している。

「出場するたびに、彼にはうまくいっていない。ああやって交代させられるのは、ナイスなことじゃない。だが、大事なのはチームであり、その一員であることだ」

 それは、グリーリッシュもよく分かっているだろう。イタリアとの決勝で、その悔しさをぶつける機会は訪れるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「永久追放だ」PK前のデンマーク守護神への卑劣なレーザー攻撃に非難殺到。「弁解や正当化の余地はない」
「PKではないPKに苛立つ」デンマーク指揮官は判定に不満「失望し、言葉がない」
「チームではなく、家族」イングランドの“55年ぶり”決勝進出に、現地識者も大興奮!「魔法のようだ」
「アジア人全体を差別」バルサFWの“日本人侮辱”への謝罪コメントに中国のファンが激怒!「なんて戯言だ」
「今すぐ踊れよ!」メッシが元バルサ同僚のPK失敗をまさかの嘲笑! 感情的な姿に世界騒然「怒るのは珍しい」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ