• トップ
  • ニュース一覧
  • 「永久追放だ」PK前のデンマーク守護神への卑劣なレーザー攻撃に非難殺到。「弁解や正当化の余地はない」

「永久追放だ」PK前のデンマーク守護神への卑劣なレーザー攻撃に非難殺到。「弁解や正当化の余地はない」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月08日

一度はPKをストップしたシュマイケルには賛辞

シュマイケルへの“攻撃”に批判が殺到している。(C)Getty Images

画像を見る

 守護神へのダーティーな攻撃が、猛批判を浴びている。

 現地時間7月7日に開催されたEURO2020の準決勝で、デンマークはイングランドと対戦。30分にミケル・ダムスゴーがFKを叩き込んで先制点を奪うが、39分にシモン・ケアのオウンゴールで同点に追いつかれる。

 その後は防戦一方となりながらも、何とか延長戦に持ち込むも、104分にペナルティエリア内でヨアキム・メーレがラヒーム・スターリングを倒し、PKを与えてしまう。すると、ここで問題の行動が起こる。

 デンマークのGKキャスパー・シュマイケルの右目辺りに、レーザーポインターが当てられたのだ。それでも集中力を切らさなかった守護神は、見事にハリー・ケインのシュートをストップしたが、こぼれ球をケインに詰められ、ゴールを許してしまった。

 結局このゴールが決勝点となり、クリスティアン・エリクセンの心停止という悲劇を乗り越え、快進撃を見せてきたチームはベスト4で涙をのむ結果となった。

【画像】右目には緑のレーザー光線が…視界を奪う卑劣すぎる行動
 
 SNS上ではシュマイケルへの照射に対し、怒りのコメントが殺到。世界中のファンが厳しい意見を寄せている。

「馬鹿げている」
「これはフェアではない」
「愚かであり、弁解や正当化の余地はない」
「本当に恥ずべきことだ」
「これをするために、イギリス人はスタジアムに戻ることを叫んでいた」
「当てられても1度防いだシュマイケルかっこ良すぎる」

 また、リバプールなどでプレーしたイングランド代表OBスタン・コリモアも「もし誰かがシュマイケルにレーザーペンを当てのたら、永久追放してほしい」と厳罰を訴えている。

 イングランド側からしても、決して気持ちのいいものではない、史上初の決勝進出に水を差す残念極まりない行為だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「PKではないPKに苛立つ」デンマーク指揮官は判定に不満「失望し、言葉がない」
「今すぐ踊れよ!」メッシが元バルサ同僚のPK失敗をまさかの嘲笑! 感情的な姿に世界騒然「怒るのは珍しい」
「チームではなく、家族」イングランドの“55年ぶり”決勝進出に、現地識者も大興奮!「魔法のようだ」
「屈辱的だ」イタリアの主将キエッリーニの振る舞いをスペイン人記者が批判! 英紙は「心理戦を制した」
「アジア人全体を差別」バルサFWの“日本人侮辱”への謝罪コメントに中国のファンが激怒!「なんて戯言だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ