「冨安の放出は頭痛の種」元イタリア代表DFが古巣ボローニャに警鐘!「立て直すのは大変だ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月28日

「ベストプレーヤーのひとりを失うことになる」

アタランタやトッテナムが獲得に動いている冨安。新天地はどこに? (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグのビッグクラブからの関心で、冨安健洋の去就を巡る報道はますます騒がしくなっている。日本代表DFが新シーズン、どのクラブでプレーするかはまだ分からない。確かなのは、移籍することになれば、ボローニャにとっては戦力的に大きな痛手ということだ。

 近年の躍進でセリエAを代表するクラブとなったアタランタに加え、ユベントスのチーフフットボールオフィサーだったファビオ・パラティチを新たに招聘したトッテナムからの関心が噂される冨安。ボローニャは2500万ユーロ(約31億3000万円)を要求していると言われる。

 新型コロナウイルスの影響で経済的な打撃を受け、財政面で厳しいやり繰りを強いられているのは、ボローニャも例外ではない。獲得に1000万ユーロ(約12億5000万円)も要さなかった冨安を倍額以上で売れるとなれば、クラブにとっては大きな利益だ。

【動画】「ありえないトリックだ」冨安健洋が披露した華麗なテクニックはこちら
 一方で、シニシャ・ミハイロビッチ監督がこのサムライ戦士を高く評価し、信頼して起用し続けてきたのは周知のとおり。最終ラインのあらゆるポジションをこなせる万能DFを失うとなれば、その穴は小さくない。

 ボローニャOBのマルチェッロ・カステッリーニも同じ考えだ。ボローニャ専門サイト『tuttobolognaweb』によると、元イタリア代表DFは、『Corriere di Bologna』のインタビューで、「トミヤスの放出は大きな頭痛の種となるだろう」と話している。

「ボローニャはベストプレーヤーのひとりを失うことになる。これほどすぐに影響力を及ぼし、大きく成長するとはだれも思わなかった選手だ。非常に大きな損失となるだろう。技術的な面で立て直すのは大変だろうね」

 移籍市場は先が見えず、取引が成立するまでは何があるか分からない。2021-22シーズンは、冨安にとってどのようなシーズンとなるのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「連絡を取り始めた」冨安健洋の争奪戦に強豪トッテナムが参戦へ! “オーリエの後釜候補”と移籍専門記者が報道
「彼がいれば10年安泰」内田篤人&岩政大樹が絶賛した日本人DFは? 「できないことがない」
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
「これまでにない間合いと圧だった」ドリブラー三笘薫が驚いた日本人DFは? 「抜けると思ったけど…」
「日本人は閉鎖的」武漢所属の元G大阪アデミウソンが日中の違いを明かす! 中国は「外から来た人にとっては助かる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ