「これまでにない間合いと圧だった」ドリブラー三笘薫が驚いた日本人DFは? 「抜けると思ったけど…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月09日

「2回目から対応してくるということは…」

5日のガーナ戦では1ゴールを挙げた三笘。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影

画像を見る

 Jリーグ屈指のドリブラーが、オーバーエイジとの対決を振り返った。

 6月5日に行なわれたU-24ガーナ代表との強化試合で6-0の大勝を収めたU-24日本代表は、そのまま福岡に残り、12日のジャマイカ代表戦に向けて調整中だ。

 そんななか、7日のトレーニングでは、こんなシーンがあった。全体練習の後、三笘薫と田中碧の川崎コンビが、前者のドリブルを後者が守るという1対1を始めた。

 田中が「(オーバーエイジの選手たちに)やってもらえば」と提案したそうで、三笘がお願いし、まず吉田麻也との対決が実現。すると、イタリアでも称賛を浴びる百戦錬磨のCBに尻もちをつかせて見事に抜き去る。

 続く“刺客”酒井宏樹もあっさり攻略。経験豊富な右SBはそのフェイントに驚き、思わず「なんだそれ」とこぼした。

 ただ、2度目の対戦で吉田には連勝したものの、酒井にはコースを読まれ、うまく対応されてしまった。

【動画】 ガーナ戦でリズミカルなパス回しから三笘薫が決めたダメ押しの6点目はこちら
 
 翌日のオンライン取材で、この酒井との1対1について問われた三笘は、「本気は出していないと思いますけど、間合いや圧はこれまでにないものがあった。(トップレベルで)試合を経験したきた選手なので、色々なところを吸収したい」と振り返った。

 また、2度目に抜けなかったことについては、次のように語っている。

「どちらも100パーセントでやっていた感じではないですけど、対応されたのは事実。抜けると思ってやっていたけど、2回目から対応してくるということは、(酒井が)理解しながら変えているということ。攻撃陣としても、やっていかないといけない」

 遊び感覚のマッチアップだったが、得たものは小さくなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】U-24日本 6-0 U-24ガーナ|久保や三笘らの得点もあり6得点で快勝!ますますメンバー争いが激化する試合に

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ