「連絡を取り始めた」冨安健洋の争奪戦に強豪トッテナムが参戦へ! “オーリエの後釜候補”と移籍専門記者が報道

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月27日

ボローニャは2500万ユーロの値札

アタランタとの個人合意が報じられた冨安だが、プレミア行きの可能性も? (C)Getty Images

画像を見る

 ボローニャに所属する冨安健洋は、アタランタへの移籍に合意したと伝えられている。

 だが6月22日、『tuttobolognaweb』は「(アタランタの)オファーは1800万ユーロ(約22億5000万円)に達したが、ボローニャは満足していない。要求額は最低2500万ユーロ(約31億3000万円)だ」と報道。クラブ間の交渉はまだ難航しているようだ。

 そんななか、新たな強豪クラブが獲得に名乗りを挙げたようだ。移籍専門記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のサイトが「アタランタだけでなく、トッテナムもトミヤスに目を付けている」と報じた。
 
 プレミアリーグの“ビッグ6”の一角トッテナムが、「ボローニャのディフェンダーについて、連絡を取り始めた」という。コートジボワール代表の右SBセルジュ・オーリエの退団に備えているようだ。

 解任したジョゼ・モウリーニョの後任監督がまだ決定していないトッテナムだが、新SDに就任するファビオ・パラティチは、前ユベントスのチーフフットボールオフィサーであり、冨安については熟知しているはずだ。

 ただ、記事は「アタランタは(冨安の獲得に)依然として熱心だ」とも綴っており、争奪戦が激化しそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし18選手を紹介!
【関連記事】
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
「未来があるとは思えない」武藤嘉紀のニューカッスル復帰に現地ジャーナリストが激辛評価。「購入は失敗だった」
「会長は売らないと…」冨安健洋のアタランタ移籍は破談も? ボローニャは31億円以下のオファーは拒絶か
【セルジオ越後】本気で「金メダル」を獲る強化をしてきたの? 五輪本番はOAを中心にしぶとく勝ち抜け
東京五輪“1年延期”に泣いた者・笑った者――非情な現実は偶然のドラマ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ