【なでしこJ予想スタメン】ベースは4-4-2。抜群の勝負強さを誇る塩越柚歩は右サイドの先発最有力

カテゴリ:日本代表

西森彰

2021年06月19日

最終ラインを高く保ち、中盤をコンパクトにした4-4-2がベース

主戦システムは4-4-2。菅澤との連係も考えれば、右の先発候補は浦和Lのチームメイト塩越か。

画像を見る

 6月18日、なでしこジャパンの高倉麻子監督が、1年延期された「東京オリンピック2020」に挑む18名の選手を発表した。選び抜かれた精鋭たちは、大舞台でどんな戦いを見せてくれるだろうか。

 これまで高倉監督のチームは「対戦相手の強みを、どう封じるか」よりも「対戦相手の特徴を踏まえて、自分たちがどう良さを発揮するか」を優先してきた。今大会も、最終ラインを高く保ち、中盤をコンパクトにした4-4-2がベースになると考えられる。

 池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース)、山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)は、ふたりとも、安定感のある守護神。シュートストップはもちろん、長いフィードが攻撃の起点になるシーンも増えてきた。本大会では、ハイラインを敷くライン裏へのボールに要注意だが、その点については織り込み済み。優れた状況判断とDFへのコーチングで、ピンチを未然に防いでくれるだろう。

 最終ラインは、5-1で勝利した先日のメキシコ戦の4人を予想。熊谷紗希(FCバイエルン・ミュンヘン/ドイツ)、南萌華(三菱重工浦和レッズレディース)は、メキシコ戦の失点に反省しきりだったが、これを糧に、今まで以上の安定感を取り戻してくれるだろう。

 守備最優先を念頭に置く清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は、最近では機を見た攻撃参加を見せるようになり、信頼感も高まってきた。宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は、低い位置からでも攻撃を組み立て、空中戦を含めた守備でも奮闘する。本来はどこでもできるタイプだが、この夏はサイドバックが主戦場になる。

 手堅く戦うなら、中島依美(INAC神戸レオネッサ)と三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)のダブルボランチか。メキシコ戦の終盤、遠藤の動き出しにピンポイントで合わせたように、決定機に中島が絡むシーンが増えてきたのは心強い。2019年の女子ワールドカップでは、決定的なシーンを幾度も演出した長谷川唯(ACミラン/イタリア)は、左サイドでの先発が見込まれる。
 
 岩渕真奈(アーセナル/イギリス)、菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)の2トップは、どちらも好調。個人能力だけでなく、周囲とのコンビネーションでゴールが増えているのもプラス材料だ。

 菅澤との連係も考えれば、右の先発候補は所属クラブのチームメイト塩越柚歩(三菱重工浦和レッズレディース)。男子相手のトレーニングでは2列目を中心に高いポテンシャルを、A代表デビュー戦では2ゴールと勝負強さを、それぞれ証明している。

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし18選手を紹介!
 
【関連記事】
【なでしこジャパン】“鮫島外し”に見た高倉イズム。指揮官が最後の最後まで貫いたスタンス
「ごはんが喉を通らないサメの後ろ姿を…」東京五輪メンバー落選の鮫島彩。指揮官が苦しい胸の内を明かす
「普通の女の子になりたい」“最も美しい少女”として人気の中国女子選手が突然の引退宣言で現地騒然! 驚きの“真相”とは?
「お色気がハンパない!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“大人の挑発ショット”に反響続々!「眼差しがたまらん」
「国外に出て、日本や韓国に勝てない理由が分かった」中国のエースが明かした“アジア2強”との違い「ニッポンは海外組だけで…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ