「速すぎる!」「PKだ!」エムバペの“爆走シーン”がTikTokで大反響【EURO】

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月17日

数メートル手前にいたフンメルスを後方から抜き去る。

ドイツ戦でフンメルス(後方)を後から追い抜いたエムバペ(手前)。(C)Getty Images

画像を見る

 ヨーロッパ全土を舞台に熱戦が繰り広げられているEURO2020。現地時間6月14日のフランス対ドイツ戦(グループF第1戦)では、レ・ブルーの怪物キリアン・エムバペが持ち前の快足を見せつけて話題となった。
 
 77分だった。自陣でポール・ポグバからきた縦パスをダイレクトでカリム・ベンゼマに捌いたエムバペは、敵陣の裏のスペースに出されたボールに猛ダッシュ。なんと数メートル手前にいたマッツ・フンメルスを後方からあっという間に抜き去り、そのままペナルティーエリアに侵入したのだ。
 
 最後はかろうじてタックルを仕掛けてきたフンメルスに止められたといえ、足がかかっておりPKでもまったく不思議はなかった。エムバペの類稀なスピードが改めて証明されたシーンだった。
 
 今大会で公式スポンサーを務める『TikTok』のEURO2020公式アカウントは、このシーンを切り取った動画を投稿。すでに80万回以上も再生され、世界中のファンからは以下のような反響が集まっている。
 
「速すぎる!」
「なんでこんなに速いの?」
「これがノーファウル?」
「フンメルスは足をかけていた」
「これはPKだ!」
「完璧なサウンドを付けたね」
「最高のスプリンター」
「目を疑ったシーン」
「ベンゼマのパスもすごかった」
「オフィシャルがこんな動画作るっていいね」
「良い動画!」
 
 1-0で勝利したドイツ戦は得点に直接関与しなかったとはいえ、エムバペはこの爆走シーンやオフサイドで取り消されたゴールなど、随所でスピードやテクニックという持ち味を発揮していた。ハンガリーと戦う6月19日の第2戦では大会初ゴールに期待がかかる。

【動画】エムバペの「爆走シーン」はこちら!
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「幼稚すぎる!」「滑稽」エムバペとジルーの“衝突”にフランス国民は呆然…。EURO直前の不協和音はなぜ起きたのか【現地発】
「美人精神科医」はなぜ海外サッカーにハマったのか? 今やマンCが「ウチの」に!
コロナ禍で開幕した“異例”のEURO。盛り上がりは散発的、メディアセンターは閑散…開催地の人々が期待するのは?【現地ルポ】
【セルジオ越後】キルギス戦よりEUROを見たほうが面白いよ。ハットのオナイウもアピールできたと勘違いしてはいけない
“連覇”を手繰り寄せるのは電撃復帰のベンゼマか、それとも――。【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」フランス代表編】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ