コロナ禍で開幕した“異例”のEURO。盛り上がりは散発的、メディアセンターは閑散…開催地の人々が期待するのは?【現地ルポ】

カテゴリ:国際大会

アレックス・チスミッチ

2021年06月16日

「やっとサッカーが戻ってきた、という感じ」

制限を設けての有観客で開催されているEURO。それでもスタジアムは盛り上がりを見せているが…。(C)Getty Images

画像を見る

 EURO2020開幕を迎えたローマの空気は、祝祭一色の盛り上がりとは行かなかった。イタリア対トルコの開幕戦を翌日に控えた木曜日の夜、まだコロナウイルスによる外出制限の影響下にあるローマの街は人影もまばらだった。しかし開幕当日の金曜日になるとやっと、ローマの中心街を横断するコルソ通りに設置されたファンゾーンに、多くの人々が集まってきた。

「一番素晴らしいのは、イタリア人もトルコ人も他の国の人々も、まったく区別なくひとつになって開幕を喜んでいることだね。普通の日常が戻ってくることを望む気持ち、それに一歩近づいたことを喜ぶ気持ちでみんながひとつになっている」
 
 そう語ってくれたイタリア人のブルーノは、1年前から開幕戦のチケットを持っていたにもかかわらず、UEFAがパンデミック対応として設定したスタジアムの入場者制限に引っかかって、生観戦の断念を強いられたという。
 
 もうひとりのイタリア人サポーター、レナートは、仕事のために移住したアムステルダムから、この開幕戦のためにローマに帰ってきたのだという。

「ローマはこの暗かった1年半を早く忘れたいという空気に満ちている。うちの両親も、開幕が近づくにつれて街の空気が明るくなってきた、家々のバルコニーにイタリア国旗のトリコロールがはためくのを見ると心が踊る、と言っているよ。街のあちこちでいろんなサポーターが楽しそうに交じり合っているのを見ていると何とも言えない気持ちになるね。やっとサッカーが戻ってきた、という感じ」

【画像】トルコ対イタリアのスタメン&フォーメーションは?

 開幕戦のチケットの約60%はイタリア国外、とりわけドイツを中心とする中部ヨーロッパで販売された。イタリアとトルコからの移民が数多く暮らしている地域だ。ここローマの街で楽しそうに交流している彼らの多くが、ドイツ語で会話している理由もそこにある。

 トルコからの入国者に対して14日間の自己隔離を義務づけるイタリアの制限措置は、トルコ国内のサポーターの大部分から、この開幕戦の応援に駆けつける機会を奪うことになった。しかし、他のヨーロッパ諸国からやって来たトルコ・サポーターたちも、トルコ代表を思う気持ちと熱量ではまったく変わらないことは明らかだった。最も活動的なファンたちは、試合会場であるスタディオ・オリンピコの周辺に集まって、発煙筒を焚きながら声の限りにチャントを繰り返して大いに盛り上がっていたほどだ。

【関連記事】
「バカげた行為だ」ドイツ代表DFのポグバへの噛みつきに非難!「噛むというよりかじった」
C・ロナウドに“邪魔者扱い”されたコカ・コーラの株が暴落か? 4400億円の損失とスペイン紙報道
「史上最悪のオウンゴール」ハイチ守護神の狂気の“連続空振り”に世界衝撃!「彼は呪縛されている」
「非常に奇妙な瞬間」イタリア代表を襲った謎の“CKオフサイド”に世界中が困惑!「早急に説明する必要がある」
【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」イタリア代表編】新鋭バストーニとラスパドーリの登用がカギを握る?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ