【日本代表&U-24代表の6月シリーズMVPは?】背番号9の右に出る者なし。歴戦のCBは監督と見間違うほどの存在感

カテゴリ:日本代表

浅田真樹

2021年06月17日

もはや彼抜きのチーム作りは考えられなくなった

鎌田の活躍は今に始まったことではないが、今回の活動を通してその価値を決定的に印象づけた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 今回のA代表の活動では、ワールドカップ2次予選突破が決まったこともあり、最終予選へ向けたテスト的要素が強い選手起用が行なわれた。つまりは、ほとんどの選手が均等に近い形で出場機会を得たわけだ。
【PHOTO】美女、キッズ、横断幕…日本代表を応援したサポーターを特集!

 その結果、何人かの新戦力がチャンスを生かし、チーム力の底上げにつながった。谷口彰悟、山根視来、オナイウ阿道、川辺駿らが、それに当たる。彼らは即レギュラーとまでは言えなくとも、バックアップの筆頭候補くらいまでは序列を上げてきたのではないだろうか。

 その意味では、今回の2週間を超える長期活動は、非常に充実した成果を残したと言っていい。MVPに値する選手は何人も思い当たる。だが、現在のA代表において別格の存在感を示したという点で、鎌田大地の右に出る者はいなかった。もはや彼抜きのチーム作りは考えられなくなった、とさえ言っていいほどだ。
 
 特に吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航がオーバーエイジ(OA)としてU-24代表に移り、大迫勇也が負傷離脱して以降は、ますます背番号9の存在が際立った。セルビア戦での前後半の変化は、彼なくして起こらなかったものだろう。

 鎌田の活躍は今に始まったことではないとはいえ、今回の活動を通してその価値を決定的に印象づけたという意味において、MVPには鎌田を推したい。

【PHOTO】『サッカー日本代表100周年アニバーサリーユニフォーム』を着用してプレーした代表戦士を一挙紹介!
 
【関連記事】
【日本代表】6月シリーズで序列を上げたのは誰? 国内組が最終予選で重要戦力となる可能性も
日本との対戦を望む声も!? アジア最終予選、韓国メディアが森保Jよりも恐れる「厳しい相手」とは…
【日本代表&U-24代表の6月シリーズMVPは?】激戦模様の2列目で最も外し難い存在。古橋の奮戦も光ったが…
「史上最悪のオウンゴール」ハイチ守護神の狂気の“連続空振り”に世界衝撃!「彼は呪縛されている」
「いくつになっても美人さん!」なでしこ鮫島彩が誕生日に披露した“魅惑のスマイル”にファン釘付け!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ