C・ロナウドに“邪魔者扱い”されたコカ・コーラの株が暴落か? 4400億円の損失とスペイン紙報道

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月16日

時価総額が2420億ドルから2380億ドルにダウン

C・ロナウドの行動ひとつで、4400億円もの大金が“動いた”ようだ。(C)Getty Images

画像を見る

 スーパースターは一挙手一投足が注目される。そしてその影響力は計り知れない。

 ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドは、EURO2020初戦となる6月15日のハンガリー戦の前日会見で取った、ある行動で注目を集めた。席に着くと、目の前にあったコカ・コーラのペットボトルをどけたのだ。

 36歳にしてなお見事なパフォーマンスを見せ続けているC・ロナウドが、周囲も驚くほどのストイックさで肉体を管理してきたのは周知のとおりだ。自分にも他人にも厳しい彼は、コーラの代わりに水を飲むべきだと主張した。

 問題は、コカ・コーラが大会スポンサーであることだ。EUROの「顔」となる大スターが、スポンサーの商品をこき下ろしたとあれば、商業的観点からは好ましくない。特に現代は、SNSでこのスターの行動があっという間に全世界に拡散される。

【動画】C・ロナウドが大会スポンサーの製品をまさかの“片付け”。前代未聞の場面はこちら
 
 実際、コカ・コーラ社は大打撃を受けたと報じたのが、スペイン紙『Marca』だ。C・ロナウドの行動後、コカ・コーラ社の株価は56.10ドルから55.22ドルに下がったという。時価総額は2420億ドルから2380億ドルにダウン。じつに40億ドル(約4400億円)も失われたそうだ。

 ただもちろん、C・ロナウドの行動だけが株価に反映されるわけではないだろう。それでも、スーパースターの行動が、様々なかたちで世界的に騒がれるということは確かだ。

 背番号7はハンガリー戦で2ゴールをマークし、ミシェル・プラティニが持っていたEURO通算得点記録を更新した。白星発進した前回王者のエース兼キャプテンは、周囲の雑音に耳を傾けず、連覇という大きな目標に集中しているはずだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「水を飲め」C・ロナウド、会見でスポンサーのコカ・コーラを“邪魔者扱い”!過去には「息子が飲むとイライラ」発言も
ポルトガル快勝発進にC・ロナウドが歓喜のインスタ投稿!自身は2発でプラティニ超えも達成
「日本とは天と地ほどの差が…」森保ジャパンの強さに敵国キルギスのファンも脱帽!「中学生が小学1年生と遊んでるみたいだ」
金田喜稔がキルギス戦を斬る!「看過できない川辺の奪われたあとの振る舞い。次をイメージしていたのか」
「最高かよ」吉田麻也が投稿したU-24代表の3ショットにファン大興奮!「名古屋の最高傑作たち」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ