【EURO出場国紹介|スペイン】不確定要素は多いが、若さゆえの爆発力に期待

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月14日

レギュラー当確と思われていたS・ラモスが招集外

若手逸材がずらりと揃うスペインは2大会ぶりの戴冠を果たせるか。(C)Getty Images

画像を見る

スペイン(7大会連続11回目の出場)
・FIFAランク:6位
・EURO最高成績:優勝(1964年、2008年、2012年) 
・前回大会:ベスト16
・予選成績:8勝2分け0敗/31得点・5失点(グループF 1位)

●マッチスケジュール(グループE)
6月14日:スウェーデン(セビージャ)
6月19日:ポーランド(セビージャ)
6月23日:スロバキア(セビージャ)

―――◆―――◆―――
 
 ルイス・エンリケ監督は2019年11月の再任以来、さまざまな選手を試してきたが、その反面、なかなかスタメンが固定されないという問題を抱えている。唯一レギュラー当確と思われていたキャプテンのセルヒオ・ラモスも、コンディション不良を理由に招集外となった。

 たしかにペドリ(バルセロナ)、ダニ・オルモ(RBライプツィヒ)、フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)といった若手の台頭はあるものの、急激な若返りへのシフトがチームにさまざまな影響を及ぼしているその様は、世代交代を急ピッチで推し進めるバルセロナとダブる部分がある。

 システムはL・エンリケの代名詞でもある4-3-3。志向するサッカーは、ハイプレスを基調とする守備も、ビルドアップと3人目の動きを意識したパス交換をベースに速攻も織り交ぜる攻撃も、ともに能動的でアグレッシブさが持ち味だ。

流動的でオープンなチームを指揮官がいかにマネジメントして勝利に導くか。不確定要素は多いが、若さゆえの爆発力に期待だ。

文●下村正幸

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆。
【関連記事】
「私は祈り、泣いた」モウリーニョが教え子エリクセンの悲劇に涙。「間違った理由で人を団結させた」
「今季たった6試合、恐ろしい」S・ラモス&ナチョのEURO招集外、シティDFの選出をマドリー寄りメディアが糾弾!「前代未聞だ」
「マドリーにいなかったみたい」アザールがスペインでの苦悩を告白! 批判された敗戦後の“談笑”については…
【EURO展望|グループD】イングランドが敗退ならスキャンダル。注目は三つ巴の2位争いだ
【EURO展望|グループB】ベルギーの首位通過は揺るがない。注目はデンマークとロシアの2位争い

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ