【EURO展望|グループD】イングランドが敗退ならスキャンダル。注目は三つ巴の2位争いだ

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月13日

クロアチアとチェコは小さくない不安を

(左上から時計回りで)イングランド、クロアチア、チェコ、スコットランド。グループDを勝ち抜けるのは? (C)Getty Images

画像を見る

 イングランドがここで姿を消すようなら、それはスキャンダルでしかない。ハリー・ケインを筆頭に、ラヒーム・スターリング、フィル・フォデンら粒揃いの精鋭を擁し、ガレス・サウスゲイト監督が志向するポゼッションスタイルの質も高まっている。

 クロアチアとの初戦からチェコとの第3戦まで“聖地”ウェンブリーが舞台となる地の利を考えても、サッカーの母国が16強入りを逃すシナリオは描きにくい。むしろ注目点は、優勝候補にも挙がるこのチームがどういう勝ち上がり方をするか。説得力のある勝利が求められる。

【動画】イニエスタも登場!EURO2016の超絶スキル集はこちら
 同じ英国圏から出場のスコットランドにも、勝ち上がりのチャンスはありそう。実績でははるかに上を行くクロアチアとチェコが、それぞれ小さくない不安を抱えているからだ。

 依然としてルカ・モドリッチが絶対な柱の前者は、DFラインの弱体化が深刻。名手ペトル・チェフが去るなど世代交代が進んだ後者は、全体的な経験不足が否めない。欲を出さずに、負けないサッカーに徹することが可能なスコットランドから、勝点3を奪うのはどちらも簡単ではないはず。2位争いは三つ巴のサバイバルになる可能性がある。 

文●遠藤孝輔

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆。

【動画】ピルロ、トッティ、元祖も登場!EUROで決まった超絶“パネンカ集”
【関連記事】
スターリング弾を守り切ったイングランド、GS初戦でクロアチア撃破!ロシアW杯準決勝の雪辱を果たす【EURO】
【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」イングランド代表編】ケイン、スターリング、ラッシュフォード、あるいは?
【EURO出場国紹介|イングランド】逸材が続々と頭角、指揮官の理想形に近づくも…守備に不安が残る
【EURO出場国紹介|クロアチア】世代交代に失敗し、「モドリッチ頼み」が顕著
“優勝候補”イングランドのEURO初制覇は今回も難しい? 英国人記者が指摘する“ネガティブな要素”【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ