「私は祈り、泣いた」モウリーニョが教え子エリクセンの悲劇に涙。「間違った理由で人を団結させた」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月14日

「神がサッカーを見ていたと感じた」

トッテナム時代にエリクセン(右)を指導したモウリーニョ(左)。 (C)Getty Images

画像を見る

 個人的に知らない人でも、計り知れない衝撃を受けた。一緒に仕事をした人物なら、なおさらだ。

 6月12日に行われたEURO2020のデンマーク対フィンランドで、デンマーク代表のクリスティアン・エリクセンが試合中に心停止で倒れたことは、世界に大きなショックを与えた。

 幸いにもエリクセンは意識を回復し、話もできたとのことだが、とりわけ彼を直接知る人たちは胸を痛めたことだろう。トッテナムで指導したジョゼ・モウリーニョは、涙を流したと明かしている。

 モウリーニョは、英『talkSPORT』で「あの瞬間、神がサッカーを見ていたと信じている。すべてが一緒になり、クリスティアンをわれわれや家族と一緒にいさせてくれた。生かしてくれた」と話した。

「サッカーよりもずっと大事なことだ。だが同時に、サッカーの良い価値も示されたと思う。愛情や連帯、家族精神だ。彼の家族だけじゃない。フットボールファミリーだ。サッカーは人を団結させる」
 
 モウリーニョは「昨日、わたしは祈った。泣いた。だが、どれだけ多くの世界の人々が同じだっただろうか。そういう人はたくさんいると思う。サッカーは人を団結させられるからだ」と続けている。

「昨日、サッカーは間違った理由で人を団結させた。最終的には、クリスティアンが生きていることを、われわれは祝福できる」

 デンマーク代表のチームメートからは、エリクセンに関して良い言葉を聞いたという。「もちろん、彼とは話していない」としたうえで、こう続けている。

「でも今朝、(ピエール=エミル・)ホイビェアと話したよ。クリスティアンに関して彼はとてもポジティブだった。それは朗報だ。祝福すべきときだと思う」

 健康は何よりも大切だ。今はただ、エリクセンが最悪の事態を免れたことに安堵するばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ばかげた判断だ」デンマークのレジェンドがUEFAの“試合再開決定”を痛烈批判!「全くフェアではない」
「彼は一度死んでいた」デンマーク代表チームのドクターが“緊急搬送”エリクセンの状況を説明。復帰の可能性は…
ユンカーが3度目の正直で同胞エリクセンへエール弾!「99%パスを出したほうが良い」ファーストチャンスは小泉に譲る
「10番は絶対に屈しない」トッティ、デル・ピエロ、C・ロナウドらが続々とエリクセンを激励!「我が友よ、強くあれ」
救急搬送されたエリクセンに向けた、両軍サポーターの振る舞いを海外メディアが絶賛「スタンドから愛が送られた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ