【EURO出場国紹介|イングランド】逸材が続々と頭角、指揮官の理想形に近づくも…守備に不安が残る

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月13日

懸案だったケインの控えには…

優秀な若手が豊富に揃うイングランド。初の欧州制覇に目論む。(C)Getty Images

画像を見る

イングランド(3大会連続10回目の出場)
・FIFAランク:4位
・EURO最高成績:ベスト4(1963、1996年)
・前回大会:ベスト16
・予選成績:7勝0分け1敗/37得点・6失点(グループA 1位)

●マッチスケジュール(グループD)
6月13日:クロアチア(ロンドン)
6月18日:スコットランド(ロンドン)
6月22日:チェコ(ロンドン)

―――◆―――◆―――

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「イングランド代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!

 4強進出の18年ワールドカップの後もガレス・サウスゲイト監督は新陳代謝の手を緩めず、チームはさらに若返り、陣容は厚みを増した。

  ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)、メイソン・マウント(チェルシー)、フィル・フォデン(マンチェスター・C)、デクラン・ライス(ウェストハム)、ジュード・ベリンガムら(ドルトムント)99年~00年以降生まれの若手逸材が続々と頭角を現わし、主力の大半が25歳以下だ。

 なかでも質を大きく高めたのが中盤で、ライスに加え25歳のカルビン・フィリップス(リーズ)という展開力に長けた司令塔タイプの台頭で、ポゼッションで主導権を握ろうというサウスゲイトの理想が実現しつつある。

 前線では、懸案だったハリー・ケイン(イングランド)の控えCFにドミニク・キャルバート=ルーウィン(エバートン)が定着し、ウイング陣もラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)にサンチョ、フォデンと多士済々だ。

 指揮官は就任から4バックと3バックの併用を続け、状況に応じての使い分けが可能な戦術の幅を持つのはメリット。本番は4-3-3がメインになりそうだが、CBのハリー・マグワイアとGKのジョーダン・ピックフォードがW杯後は右肩下がりで守備に不安が残る。

文●松野敏史

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆。

【関連記事】
「C・ロナウド以上」と認めたモウリーニョの言葉でトッテナム退団を決意したケイン。EUROでの活躍が移籍成立の鍵に【現地発】
「神よ、お願いだ」ピッチに倒れ込んだエリクセンに、同じ経験をした元ボルトンMFムアンバも祈り。3日間の昏睡状態から奇跡的に回復
救急搬送されたエリクセンに向けた、両軍サポーターの振る舞いを海外メディアが絶賛「スタンドから愛が送られた」
【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」イングランド代表編】ケイン、スターリング、ラッシュフォード、あるいは?
“優勝候補”イングランドのEURO初制覇は今回も難しい? 英国人記者が指摘する“ネガティブな要素”【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ