スターリング弾を守り切ったイングランド、GS初戦でクロアチア撃破!ロシアW杯準決勝の雪辱を果たす【EURO】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月13日

57分に均衡を破る

先制点を奪ったスターリング(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月13日にEURO2020のグループD・第1戦、イングランド対クロアチアが、ロンドンのウェンブリーで開催された。

 立ち上がりから主導権を握ったイングランドは6分、ゴール右でパスを受けたフォデンが鋭い切り返しから左足を振り抜くが、シュートは惜しくも左ポストに嫌われる。

 中盤以降はクロアチアがポゼッションを回復。司令塔のモドリッチらが左右にパスを散らし、サイドを中心に攻撃を仕掛けるが、決定的な場面を作り出すことはできない。

 43分にはイングランドが、ペナルティエリア手前の好位置でFKを獲得。名手トリッピアーが右足で狙いすましたシュートを放つも、壁に阻まれモノにすることはできない。
 
 前半をスコアレスで終えると、57分に地元の大声援を受けるイングランドがついに均衡を破る。フィリップスの絶妙なスルーパスをペナルティエリア中央で受けたスターリングが、冷静に流し込んだ。

 1点を追いかけるクロアチアは70分、モドリッチのCKからブロゾビッチがダイレクトボレーで合わせるが、枠を捉えることはできない。

 結局、その後スコアは動かず、試合はこのまま1-0で終了。イングランドが見事に2018年のロシア・ワールドカップ準決勝(クロアチアが2-1で勝利)のリベンジを果たした。

 18日に行なわれる第2戦で、イングランドはスコットランドと、クロアチアはチェコと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】イングランド対クロアチアのスタメン&フォーメーションは?

イングランド対クロアチアのマッチサマリーをチェック!
【関連記事】
「10番は絶対に屈しない」トッティ、デル・ピエロ、C・ロナウドらが続々とエリクセンを激励!「我が友よ、強くあれ」
東京五輪メンバー18人はこうなる! “最後の1枠”で迷ったのが…
南野拓実はなぜ「クラブ事情のため」に、代表を離脱するのか? リバプール地元紙の見解は…
「10番は絶対に屈しない」トッティ、デル・ピエロ、C・ロナウドらが続々とエリクセンを激励!「我が友よ、強くあれ」
「幼稚すぎる!」「滑稽」エムバペとジルーの“衝突”にフランス国民は呆然…。EURO直前の不協和音はなぜ起きたのか【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ