【EURO出場国紹介|クロアチア】世代交代に失敗し、「モドリッチ頼み」が顕著

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月13日

成功体験が仇となり…

クロアチアは決勝に進んだ3年前のW杯のようなサプライズを提供できるか。(C)Getty Images

画像を見る

クロアチア(5大会連続6回目の出場)
・FIFAランク:14位
・EURO最高成績:ベスト8(1996、2008年)
・前回大会:ベスト16
・予選成績:5勝2分け1敗/17得点・7失点(グループE 1位)

●マッチスケジュール(グループD)
6月13日:イングランド(ロンドン)
6月18日:チェコ(グラスゴー)
6月22日:スコットランド(ロンドン)

―――◆―――◆―――

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「クロアチア代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!

 クロアチア全土が沸いたロシア・ワールドカップから3年。予選敗退の瀬戸際にあったチームを立て直して準優勝まで導いたスラトコ・ダリッチ監督だが、この成功体験が仇となって世代交代に失敗している。

 代表引退したFWマリオ・マンジュキッチ、MFイバン・ラキティッチ、GKダニエル・スバシッチの穴は、成長株のブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ)、ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ)、ドミニク・リバコビッチ(D・ザグレブ)が埋めてはいる。

 しかし、昨秋のネーションズ・リーグ6試合で計16失点を喫した通り最終ラインが脆弱で、とりわけドゴマイ・ヴィーダ(ベジクタシュ)、デヤン・ロブレン(ゼニト)のベテランCBコンビは衰えが隠せない。

 また長く弱点だった左SBにタレントがようやく揃った一方で右SBは極度の人材不足。ウイング陣も左サイドが得意なタイプばかりだ。

 世代的にもポジション的にも歪なチームの中、ひとり絶好調を維持するのが35歳のルカ・モドリッチ。2020-21シーズンのレアル・マドリーでもほぼフル稼働しているキャプテンが、どんなコンディションで戦えるか。チームの命運を大きく左右するファクターだ。

文●長束恭行

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆

【関連記事】
「神よ、お願いだ」ピッチに倒れ込んだエリクセンに、同じ経験をした元ボルトンMFムアンバも祈り。3日間の昏睡状態から奇跡的に回復
救急搬送されたエリクセンに向けた、両軍サポーターの振る舞いを海外メディアが絶賛「スタンドから愛が送られた」
「C・ロナウド以上」と認めたモウリーニョの言葉でトッテナム退団を決意したケイン。EUROでの活躍が移籍成立の鍵に【現地発】
【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」イングランド代表編】ケイン、スターリング、ラッシュフォード、あるいは?
【EURO出場国紹介|イングランド】逸材が続々と頭角、指揮官の理想形に近づくも…守備に不安が残る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ