救急搬送されたエリクセンに向けた、両軍サポーターの振る舞いを海外メディアが絶賛「スタンドから愛が送られた」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月13日

倒れたエリクセンへ敵味方関係なくエールを送った

デンマークだけでなく、フィンランドのサポーターも必死に声を張り上げた。(C)Getty Imgaes

画像を見る

 敵として対峙しようとも、選手の無事を祈る気持ちは同じだった。

 現地時間6月12日、コペンハーゲンでEURO2020のグループBの第1戦、デンマーク代表対フィンランド代表が開催。デンマークが主導権を握りつつも、フィンランドが堅守で跳ね返し続け、スコアレスで迎えた43分だった。

 敵陣の左サイドのタッチライン際で、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが突然昏倒。駆け寄ったチームメイトが血相を変えて医療チームを呼び、その場で緊急処置を受けるという事態となった。

 ドクターによる心臓マッサージやAEDを使用した処置が行なわれた後、エリクセンは担架に乗せられた状態でフィールドの外へ。時間にして10分程度の治療を、現地で見守っていたサポーターの衝撃はいかほどだったか。

 場内アナウンスで「試合中止か延期か、しばらく状況を判断する」と知らされた両軍のサポーターは、スタジアムで待つことを余儀なくされた。
 
 すると、スタンドのフィンランド・サポーターが「クリスティアン!」と叫び、デンマークのサポーターも「エリクセン!」と呼応。このやり取りが複数回続いたのち、スタジアムは大喝采に包まれた。デンマークの10番への回復を祈るエールだった。 

 やがて場内アナウンスで「エリクセンの容態が安定し、病院に搬送された」と伝えられると、改めてスタジアムには温かい拍手が響き渡った。
 
 新型コロナウイルスの影響で、欧州サッカー界も約1年に渡って無観客が続いていたが、EURO2020は入場人数の制限を設けつつ、ファンを入れて行なわれている。

 無観客ではこのような風景も見ることができなかった。スペイン紙『MARCA』は「美しいEUROのハーモニー。ピッチ上ではライバルでも、スタンドからは愛が送られた」と絶賛。サッカーの動画などを紹介している専門メディア『433』は「なんて瞬間だ!」と感嘆し、英メディア『SPORTbible』も「これこそフットボールのあるべき、素晴らしい光景だ」と称えている。

 試合は約1時間後に再開され、初出場のフィンランドが虎の子の1点を守り切り、デンマークを1-0で下している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】チームの垣根を超え、両チームが声を張り上げ、エリクセンへエールを送る!
 
【関連記事】
デンマーク代表エリクセン、一命をとりとめる! EURO&UEFAが「容体は安定している」と発表
「神よ、お願いだ」ピッチに倒れ込んだエリクセンに、同じ経験をした元ボルトンMFムアンバも祈り。3日間の昏睡状態から奇跡的に回復
【EURO展望|グループB】ベルギーの首位通過は揺るがない。注目はデンマークとロシアの2位争い
【EURO出場国紹介|デンマーク】大国にも見劣りしない陣容で4強入りを狙う“ダークホース”
【EURO展望|グループA】中盤充実のイタリアが本命。その他の3か国は実力伯仲だ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ