金田喜稔が日本代表“兄弟対決”を斬る!「プライドを感じさせた鎌田のプレスバック。力の差は歴然だった」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月04日

守田や橋本も、なにがなんでも止めてやるという気概を示す

貴重な追加点を挙げた鎌田は、守備でも気持ちのこもったプレーを見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影

画像を見る

 今回のフル代表とU-24代表の“兄弟対決”で、キツかったのはフル代表のほうだと思う。ワールドカップ予選や他の国との親善試合も“負けられない戦い”ではあるけど、相手が弟分のU-24代表なら、なおさらフル代表にとっては絶対に負けられない試合だろう。

 勝って当たり前。内容でも上回らなければいけない。プレッシャーもあったと思うけど、実際はそういうゲームになった。3-0というスコアを見ても、やっぱりフル代表だなという差を見せつけたよね。

 開始2分にCKのチャンスで橋本が先制点を挙げたように、試合の入り方もフル代表のほうが勝っていた。気迫で上回っていたと思う。フル代表もU-24代表も、基本布陣は4-2-3-1。ミラーゲームとなれば、個々のバトルもはっきりしやすい。その点でも、フル代表はU-24代表を圧倒していたのではないだろうか。

 かといって、必要以上に力んではいない。気負っていない。“やってみろ”という感じでU-24代表を受け止めつつ、でも局面の勝負では絶対にやらせない。

 たとえば鎌田。果敢なプレスバックで久保を潰しにかかるシーンがあった。本人にその気があったかどうかは分からないが、フル代表ではトップ下のライバルになるかもしれない相手に対して、強烈なプライドを感じさせるプレーだった。
 
 ボランチの守田や橋本も、なにがなんでも止めてやるという気概を示す。守田に関しては、配給力でも目立っていた。ダブルボランチの左に入って、左サイドでキープした時、右足のアウトでコントロールしながら、右にも左にも自在に蹴り分ける。フォームが変わらないから、あれは相手も読みにくいはず。

 とりわけサイドチェンジがスムーズになった。左サイドで守田がキープした時に、右サイドの選手がタイミング良く反応するようになってきている。お互いの意思疎通が深まっているんだろうね。守田を起点に、攻撃のエンジンがかかる。今後もそうしたシチュエーションが増えてきそうだ。

 いずれにしても、フル代表が力の違いを示したゲームだった。U-24代表にとっては悔しさが残ったかもしれない。ただ、厳しい言い方になるかもしれないが、アピールが少し足りなかったように思う。もっと意地を見せてほしかった。
 
【関連記事】
【日本代表3-0U-24日本代表|採点&寸評】貫録を示した“兄貴分”。MOMは攻撃のタクトを振った司令塔|A代表編
【U-24日本代表0-3日本代表|採点&寸評】難しい日程も厳しい評価にせざるを得ない内容。唯一の「6」は…/U-24代表編
【セルジオ越後】主力温存のU-24代表は“忖度”したつもり?せっかくの兄弟対決が無駄になったよ
負けてなお格の違いを見せつけた遠藤航。チームへの影響力は半端なかった【編集長コラム】
「クボ? 素晴らしい選手に見えるが…」久保建英の現状をヘタフェ新指揮官が危惧! 指摘した問題点とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ