金田喜稔が日本代表“兄弟対決”を斬る!「プライドを感じさせた鎌田のプレスバック。力の差は歴然だった」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月04日

五輪本大会を考えれば、それこそ取り返しのつかない失点に

完敗したU-24代表。フル代表との力の差はあったにせよ、個の部分でもっとアピールしてほしかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影

画像を見る

 もちろん、チームのコンセプトを無視してはいけない。それでも、U-24代表の選手たちには、自分はこれができるんだと、個でそういう部分をもっと見せてほしかったというのが正直なところだし、見せるべきだったと思う。

 個人的な見解では、この日の出場メンバーは、東京五輪に向けて当落線上の選手が多かったように感じる。そうした位置づけにある彼らが、力が上のフル代表に対してどれだけできるかを問われていたはず。

 特に最終ライン。オーバーエイジの吉田や酒井ほか、フル代表での主力の冨安もいる。強力なライバルとの争いでいかに勝つか。それなのに、開始2分の失点はいただけない。

 鎌田のCK、それをヘッドでファーに流した大迫。いずれも質が高いプレーだった。だが、スコアラーの橋本はまったくのフリー。橋本に対してボランチが下がるのか、SBが絞るのか。そこがあまりにもルーズだった。

 世界の舞台では、このような形の失点はほぼないと言っていい。五輪本大会を考えれば、あの時間帯にルーズな守備で先制を許せば、それこそ取り返しのつかない失点となる。良い教訓にするしかない。

 最終ラインに限らず、必死にアピールした選手は何人いただろうか。目についたのは、ガムシャラにゴールを目指していた林ぐらいか。久保も結果は出せなかったが、独力でなんとかこじ開けようとする強い意志が伝わってきた。
 
 すでに始まっているサバイバルのなかで、自分が五輪に出て活躍するんだと、そういう強い気持ちをピッチ上で表現してほしい。

 ポジティブな点については、この日はベンチスタートだったオーバーエイジの選手の中で唯一交代出場した遠藤が、期待どおりのパフォーマンスを見せてくれたこと。安定感あるキープ力、縦パスを常に出せるようにボールを受けるポジショニング。遠藤がひとりいるだけで、チームの雰囲気がガラッと変わった。抜群の存在感だったね。

 本大会まで時間は限られている。若い選手たちのさらなる発奮は当然として、オーバーエイジを組み込んだチーム作りを急ぎたい。

【PHOTO】日本 3-0 U-24日本|“兄弟対決”は橋本と鎌田と浅野の得点で貫禄の勝利!U-24日本にとっては悔しい結果に

【PHOTO】『サッカー日本代表100周年アニバーサリーユニフォーム』を着用してプレーした代表戦士を一挙紹介!

【PHOTO】白熱の激戦から一転!笑顔で互いの健闘を称え合う選手をピックアップ!
 
【関連記事】
【日本代表3-0U-24日本代表|採点&寸評】貫録を示した“兄貴分”。MOMは攻撃のタクトを振った司令塔|A代表編
【U-24日本代表0-3日本代表|採点&寸評】難しい日程も厳しい評価にせざるを得ない内容。唯一の「6」は…/U-24代表編
【セルジオ越後】主力温存のU-24代表は“忖度”したつもり?せっかくの兄弟対決が無駄になったよ
負けてなお格の違いを見せつけた遠藤航。チームへの影響力は半端なかった【編集長コラム】
「クボ? 素晴らしい選手に見えるが…」久保建英の現状をヘタフェ新指揮官が危惧! 指摘した問題点とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ