【EURO出場国紹介|トルコ】予選で世界王者を撃破! 攻撃は35歳のブラク頼みも、“最少失点記録”を誇る守備は強固

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月03日

近年は欧州主要リーグで活躍するトルコ人選手が増加

開幕戦でイタリアと対戦するトルコ。混戦が予想されるA組を抜け出せるか。(C)Getty Images

画像を見る

トルコ(2大会連続5回目の出場)
・FIFAランク:29位
・EURO最高成績:ベスト4(2008年)
・前回大会:グループステージ敗退
・予選成績:7勝2分け1敗/18得点・3失点(グループH 2位)

●マッチスケジュール(グループA)
6月11日:イタリア(ローマ)
6月16日:ウェールズ(バクー)
6月20日:トルコ(スイス)

―――◆―――◆―――
 
 トルコ・サッカー連盟が選手の国外移籍に関する規制を緩和したことにより、近年は欧州主要リーグで活躍するトルコ人選手が増加。選手の質が向上し、必然的に代表の強化に繋がっている。

 とりわけチャーラル・ソユンジュ(レスター)、カーン・アイハン(サッスオーロ)、メリフ・デミラル(ユベントス)らを中心とした守備陣は強固で、今予選の1試合平均0.3失点はベルギーと並ぶ最少記録だ。その過程では、世界王者フランスにホームで2-0と完勝している。

 ただし攻撃陣は35歳のブラク・ユルマズ(リール)に頼らざるを得ない状況が続いており、後進の台頭が欲しいところ。ジェンク・トスン(ベジクタシュ)が重傷に見舞われてメンバー外となり、負傷癖のあるジェンギズ・ウンデル(レスター)も調子が定まらない。ハカン・チャルハノール(ミラン)とユスフ・ヤズズ(リール)の創造性、ブラクの決定力が頼みの綱となる。

 とはいえ、敵地で迎えるイタリアとの開幕戦で引き分け以上のスタートを切ることができれば、混戦が予想されるグループからの突破に大きく近づけるはずだ。

文●カーン・バヤズツ
翻訳●井川洋一

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆。

【動画】ピルロ、トッティ、元祖も登場!EUROで決まった超絶“パネンカ集”
【関連記事】
【EURO出場国紹介|イタリア】中盤充実で26戦無敗を継続! 強敵相手に化けの皮が剥がれる可能性も…
【EURO出場国紹介|ベルギー】黄金世代と新世代が融合する優勝候補の一角。ただ、アザールとデ・ブルイネの状態以外にも不安材料が…
【EURO出場国紹介|ウェールズ】指揮官ギグスが暴行容疑で離脱。ベイルら“黄金世代”にも不安が拭えない
S・ラモス、イブラ、ハーランドら超豪華! 英紙が「EURO不参加のベスト11」を発表!
【消えた逸材】EURO2004で史上最年少ゴール! “スイスの天才”はなぜ伸び悩んだのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ