【EURO出場国紹介|スイス】主将ジャカを中心に、組織力や経験値は同組のウェールズやトルコを凌駕

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月02日

ショートパス主体のポゼッションで敵陣へと侵攻

ジャカ(10番)を中心に前回の16強超えを狙うスイス代表。(C)Getty Images

画像を見る

スイス(2大会連続5回目の出場)
・FIFAランク:13位
・EURO最高成績:ベスト16(2016年)
・前回大会:ベスト16
・予選成績:5勝2分け1敗/19得点・6失点(グループD 1位)

●マッチスケジュール(グループA)
6月12日:ウェールズ(バクー)
6月16日:イタリア(ローマ)
6月20日:トルコ(バクー)

―――◆―――◆―――
 
 ロシア・ワールドカップ当時から主軸もプレーコンセプトも変わっていない。主将のグラニト・ジャカ(アーセナル)を中心としたショートパス主体のポゼッションで敵陣へと侵攻し、中央・サイドからバランスよく崩し、主砲ハリス・セフェロビッチ(ベンフィカ)のフィニッシュに結びつける。

「縦に速いサッカーを導入すべき」といった外野の声には耳を貸さず、ウラジミール・ペトコビッチ監督は信念を貫いてきた。

 昨秋にドイツ、スペインと引き分けるなど、強豪国と伍して渡り合うポテンシャルは健在だ。一方で、繋ぎにこだわるあまり、自陣で不用意にボールを失ったり、引いた相手に攻めあぐねたり、戦術上の問題点が散見される。

その改善に加え、メジャー大会で決勝トーナメントに進出した途端に勝負弱くなる長年の課題も克服しなければならない。

 正真正銘のワールドクラスは不在ながら、組織力や経験値はウェールズやトルコを凌駕。イタリアにも太刀打ちできるはずだが、ダークホースに推すための決定打に欠けるのが実情だ。

文●遠藤孝輔

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆。

【動画】ピルロ、トッティ、元祖も登場!EUROで決まった超絶“パネンカ集”
【関連記事】
【消えた逸材】EURO2004で史上最年少ゴール! “スイスの天才”はなぜ伸び悩んだのか?
【EURO出場国紹介|イタリア】中盤充実で26戦無敗を継続! 強敵相手に化けの皮が剥がれる可能性も…
【EURO出場国紹介|ウェールズ】指揮官ギグスが暴行容疑で離脱。ベイルら“黄金世代”にも不安が拭えない
【EURO出場国紹介|ベルギー】黄金世代と新世代が融合する優勝候補の一角。ただ、アザールとデ・ブルイネの状態以外にも不安材料が…
【識者が選ぶプレミアのワースト11】ビッグ6から9人を選出!衝撃的な不調だったのが…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ