【J1採点&寸評】G大阪2-0横浜FC|悩める点取り屋がついに覚醒!最高殊勲は移籍後初得点を含む2発のブラジル人ストライカー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月31日

G大阪――スタメン6人を入れ替える大胆采配が的中

【警告】G大阪=なし 横浜FC=マギーニョ(36分)
【退場】G大阪=なし 横浜FC=なし
【MAN OF THE MATCH】レアンドロ・ペレイラ(G大阪)

画像を見る

[J1リーグ17節]G大阪2-0横浜FC/5月30日(日)/パナスタ

【チーム採点・寸評】
G大阪 6.5

前節に続いて3バックを採用も、連戦だけにスタメン6人を入れ替える大胆采配。ボール保持では劣ったが守備に大崩れはなく、レアンドロ・ペレイラも移籍後初ゴール。今季初の連勝を飾った。

【動画】G大阪vs横浜FC戦ハイライト

【G大阪|採点・寸評】 
GK
1 東口順昭 6.5

守備では鉄壁の守護神だがキックミスが散見された。後半も自身のキックミスからピンチを招いたが、その分、中塩のミドルにスーパーセーブを見せた。

DF
3 昌子 源 6

クレーべの強さを前面に押し出してくる攻撃で、激しくマッチアップ。致命的にやられる場面はなかったが、時折競り負けも。後半の劣勢時はチームを鼓舞。

13 菅沼駿哉 6
FC東京戦で決勝点に絡んだ悔しさをプレーで体現。前半からパスミスは多かったが、守りでは大崩れすることなく、粘り強く対応した。

19 キム・ヨングォン 6.5
中2日の連戦だが、疲れを見せることなく、さすがのプレー。一瞬の隙を突いて供給したパスがPK奪取につながった。後半、中央に絞って危険地帯を潰すなどさすがの出来。
 
MF
27 高尾 瑠 5.5(78分OUT)

前節、小野瀬が推進力を見せていただけに、攻撃面では物足りなかった。まだコンディションが万全でないのか、ボールを受けてもやや安全運転なプレーに。

6 チュ・セジョン 5.5
時折、持ち味の長いパスをサイドに散らすも、両WBに推進力がなく、攻撃を活性化できず。守備でも時折軽さがあった。前半、ペレイラのパスを受けた場面は痛恨のシュートミス。

17 奥野耕平 6.5
縦パスを入れようとしてミスもあったが、持ち味は気の利いた動き。危険地帯に顔を出しただけでなく、球際の強さも意識。終盤、長い距離を走って自ら決定機に絡んだ

21 矢島慎也 6.5(63分OUT)
松波体制になってからは不動のレギュラーに。今節は2シャドーの一角でプレーしたが、クレバーな動きを見せた。試合を決定づける2点目も矢島らしい絶妙なパスが生んだ。
 
【関連記事】
森重が4位、稲垣が8位。Jリーグの「デュエル・マスター」は誰だ? 勝利数1位で勝率もダントツだったのは…
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「スーパーゴールすぎやろ」ガンバ、宇佐美の徳島戦V弾にファン大反響!「初見はオフサイド?って思ったけど…」
「綺麗な崩し」「涙が出た…」パトリックが決めた松波ガンバ待望の初ゴールにファン歓喜!
【J1】小林悠の劇的V弾で川崎がリーグ新記録の20戦負けなしを達成!清水を下した横浜が3位に浮上

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ