【J1採点&寸評】横浜2-1清水|決勝点を生み出したL・セアラ&水沼に高評価! 采配ズバリのポステコグルー監督には「7」を

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年05月30日

横浜――T・マルチンスは、この日も広大なスペースをカバー

【警告】横浜=岩田(63分)、仲川(90+4分)  清水=なし
【退場】横浜=なし 清水=なし
【MAN OF THE MATCH】レオ・セアラ(横浜)

画像を見る

[J1リーグ17節]横浜2-1清水/5月30日(日)/日産スタジアム

【チーム採点・寸評】
横浜 6.5

先制後は相手の強固なブロックに苦戦したものの、89分に劇的ゴールをゲット。90分間攻め続けたことで生まれた得点だったと言えるはずだ。

【横浜|採点・寸評】
GK
1 高丘陽平 6

ハイボール処理は安定しており、機動力を生かしてペナルティエリア外もカバー。失点したが、及第点は与えられるだろう。

DF
4 畠中槙之輔 6

軽率なタックルやパスミスはいくつかあったが、失点に直結するようなエラーではない。全体的には安定した出来だった。

5 ティーラトン 5.5
先制点につながるスルーパスを出した一方、対峙した片山のフィジカルに苦戦。空中戦で先手を取られ、左サイドに起点を作られた。

13 チアゴ・マルチンス 6.5
チーム全体が前掛かりになる展開でも、自慢のスピードで広大なスペースをカバー。90分間、集中力は切れなかった。

25 小池龍太 6
パス交換でエウベルと息の合わないシーンがあり、いつもより攻撃に厚みを加えることはできず。だが、果敢な攻め上がりは好印象。
 
MF
10 マルコス・ジュニオール 5.5 (77分OUT)

相手に5バックで守備を固められた分、スペースがなく不完全燃焼。前半終了間際の直接フリーキックはわずかに枠の左に。

24 岩田智輝 5.5
強度のある守備は良かったが、ボールを持つと判断にやや遅れが見られた。危険なボールロストも少なくなかった。

26 渡辺皓太 6 (90+1分OUT)
パスを受けては捌いてを繰り返し、テンポの速いパス回しの中心に。欲を言えば、ゴール前まで顔を出す機会を増やしたかった。
 
【関連記事】
【横浜】ポステコグルー監督はセルティックへ渡るのか? 本人の口から語られた答えは…
【J1ベストイレブン】MVPはビッグセーブ連発の元ポーランド代表GK! 6名が今季初選出|16節
「何がしたいんだ」清水のあまりに“痛い”珍プレーが世界中でバズる!スペイン全国紙も「史上最悪の戦略?」と報道
5月25日“愛車の日”にマリノスが選手の愛車を公開! ボランチ扇原、助っ人エウベルがハンドルを握るのは?
【セルジオ越後】2次予選は日本にとって不運な組み合わせ。二ケタ得点の試合を何回も見せられても…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ