久保建英、待望の代表初ゴールを決めるか。様々な条件が整ったミャンマー戦は絶好のチャンス

カテゴリ:日本代表

浅田真樹

2021年05月28日

いまだ日本代表で1点も取れていないことが不思議

気持ちよく代表に合流できているのが一番のプラス材料。ミャンマー戦で久保は代表初ゴールを決めるか。金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 久保建英を語るとき、日本代表初ゴールの話題が取り上げられるようになって久しい。なぜなら、久保が代表初ゴールを決めることは、すなわち、日本代表の史上最年少ゴール記録(金田喜稔氏の19歳119日)を更新することになるからだった。

 久保の日本代表デビューは、2019年6月に行なわれたエルサルバドルとの親善試合。当時の年齢は18歳5日。史上最年少ゴール記録の大幅更新は確実かに思われていた。

 ところが、久保は19年に出場した7試合でゴールを奪えずにいると、2020年は新型コロナウイルスの感染が拡大。ゴールするどころか、試合自体が行なわることがないまま、記録更新可能な年齢を過ぎてしまった。

 その後、日本代表は昨年10、11月にヨーロッパで4試合の親善試合を行なっているが、そこでも久保の代表初ゴールはおあずけとなったままだ。

 それにしても、久保の実力を考えると、いまだ日本代表で1点も取れていないことが不思議にも思える。

 例えば、19年9月のパラグアイとの親善試合では、後半開始からの途中出場ではあったが、果敢なドリブルでの仕掛けからシュートを放つ。あるいは、自分が倒されて得たFKを自ら狙うなど、際どいシュートを何本も放っている。

 そのプレーぶりを見る限り、ゴールするよりアシストするのが好き、というタイプではない。むしろゴールへのこだわりは人一倍強く、自分が決めてやる、そんな強い意欲を感じさせるプレーは、スペインでも頻繁に見られるものだ。
 
 さらに言えば、シュートセンスもいい。ニアサイドにズドンと叩き込むのか、ファーサイドに巻いて流し込むのか。DFの股を抜くのか、ふたりのDFの間を抜くのか。そうした発想と技術に優れているのである。

 にもかかわらず、結果として日本代表でゴールは生まれていないのはなぜか。まずは単純に、これまでの試合の状況や対戦相手が、ゴールを決めるに簡単でなかったことは確かだろう。

 久保が日本代表で出場した11試合のうち、ホームゲームは2試合だけ。対戦相手にしても、ミャンマーとタジキスタンを除けば、あとはコパ・アメリカの3試合を含め、中南米かアフリカの国ばかりである。

 しかも、そのうち7試合が途中出場とあっては、すぐに結果につなげるのは難しい。また、昨季終盤、久保がマジョルカで絶好調とも言うべきプレーを見せていたタイミングで、日本代表戦がまったく行なわれなかったという巡り合わせの不運もあった。
 
【関連記事】
【ミャンマー戦のスタメン予想】冨安、堂安は欠場の見込み。2次予選突破決定へ主力メンバーを起用か
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】左サイドとGKに一考の余地。18歳・鈴木彩艶の重さ、パワーは魅力
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?
【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】主軸は田中碧?“フロンターレ色”を打ち出すのもアリか
「レンタル継続を前向きに検討」久保建英、ヘタフェ残留の可能性が浮上! “マドリーのレジェンド”の監督就任で「クボの全てを引き出せる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ