「バルサに見下された」優勝決定弾のスアレス、涙ながらに古巣をチクリ!「苦しかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月23日

「アトレティコがドアを開いてくれた」

アトレティコを7年ぶりのリーガ制覇に導く決勝弾を決めたスアレス。(C) Getty Images

画像を見る

 7年ぶりの戴冠を引き寄せたのは、やはりこの男だった。

 現地時間5月22日に開催されたラ・リーガ最終節(第38節)で首位のアトレティコ・マドリーは19位のバジャドリーと敵地で対戦。前半18分に先制される苦しい展開のなか、2-1で逆転勝利を飾り、2013-14シーズン以来11度目のリーガ制覇を成し遂げた。

 値千金の決勝弾を叩き出したのが、エースのルイス・スアレスだ。57分にアンヘル・コレアのゴールで1点差に追い上げて迎えた63分だった。敵のバックパスのミスに反応して独走すると、最後はGKとの1対1を冷静に制して、左足で逆転ゴールを奪ってみせた。

【動画】値千金の決勝弾! 試合後にピッチで号泣するスアレス
 
 ロナルド・クーマン監督の構想外となり、6年間在籍したバルセロナを追われてアトレティコへやって来た“優勝請負人”は、試合後のフラッシュインタビューで、次のように語った。スペイン紙『AS』が伝えている。

「このシーズンは、(バルサに)見下されたところから始まった。アトレティコは僕のためにドアを開いてくれた。おかげでこのようなことを証明することができた。いつも信頼してくれて感謝しているよ」

 さらに、「リーグタイトルの味は?」と訊かれ、「特別だよ。そのために苦しんだから」とこぼしたウルグアイ代表FW。その目には涙が溢れていた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】7年ぶりにラ・リーガ制覇を果たしたアトレティコ!歴史に名を刻んだV戦士を一挙紹介!
【関連記事】
スペインに衝撃、元バルサGKが46歳で急逝。「列車に飛び込んだ」と現地報道
「他のチームとは違う」久保建英がヘタフェの“内情”を衝撃告白!
「苦しみを味わった」37節で今季初ゴールの久保建英が本音を吐露。“冷遇”指揮官には「プレーできない時も、監督は…」
「チームを救った」残留決定弾の堂安&PK獲得の奥川、日本人コンビの活躍を現地メディアが高評価!
“マドリー放出報道”の久保建英にベティスが関心と現地メディアが報じる!「目覚ましいパフォーマンスをもたらせる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ