Jユースをも凌駕する強さ! 青森山田はなぜ過去2例しかないプレミア開幕6連勝を達成できたのか?

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2021年05月18日

「青森山田のサッカーは何かに特化したものではない。掴みどころがなく、どんなところからでも戦える」

今季はキャプテンを務める松木。宇野とのコンビで中盤を制圧する。写真:松尾祐希

画像を見る

 青森山田の勢いが止まらない。高校サッカー選手権では2年連続で準優勝に終わったが、今季はU-18高円宮杯プレミアリーグEAST開幕から6戦全勝で総得失点も23得点・1失点。圧倒的な結果で“青森の常勝軍団”が首位を快走している。

 過去に開幕6連勝を飾ったチームは、リーグ初年度となる2011年のサンフレッチェ広島ユース(所属リーグWEST /8連勝)、2018年の鹿島アントラーズユース(所属リーグEAST /6連勝)しかない。青森山田にとっても過去最高記録は2015年の3連勝。リーグ戦を制して日本一に輝いた2016年、2019年も2連勝止まりで、開幕6試合でそれぞれ4勝1分1敗と4勝2分の好成績を収めたとはいえ、タレントを擁していたとしても6連勝は成し遂げられなかった。

 では、なぜ青森山田はチーム記録となる6連勝を収められたのだろうか。

 チームのスタイルは今までと何も変わらない。
 
「青森山田のサッカーは何かに特化したものではない。逆にいえば掴みどころがなく、どんなところからでも戦えるのが特徴。全てのスキルにおいて相手を上回り、なんでもできるサッカーというのを志向している」

 黒田剛監督が明かす通り、ボールの支配もできれば、堅守速攻のシンプルなスタイルで戦うこともできる。相手や時間帯を見ながら、様々な戦い方をする青森山田のベースは例年通りだ。

 ただ、その中で今季のチームは攻撃陣にタレントを擁しており、彼らを生かすためにシステムを4-1-4-1から4-4-2に変更。特に中盤と前線の選手はほとんど昨季からゲームに絡んでおり、個の力も経験値も他の追随を許さない。

 プロ注目のMF松木玖生(3年)、MF宇野禅斗(3年)が組むダブルボランチは抜群の強度を誇り、関係性も抜群。攻撃時は松木が前方に位置取り、宇野が後ろでバランスを取る。距離感は絶妙で、チームの心臓として攻守で存在感を示している。脇を固める選手も個性派揃いで、右サイドのMF藤森颯太(3年)はドリブル、FW名須川真光(3年)は決定力でチームの勝利に貢献。昨季からレギュラーを張る面々に加え、FW渡邊星来、MF田澤夢積(いずれも3年)も日を追うごとに逞しさを増している。
 
【関連記事】
昨季プロ4名を輩出した昌平、衝撃の強さ!! 昨冬の選手権4強相手に圧巻の6発大勝! 今年のチームの特徴は?
「とんでもない潜在能力」とU₋17日本代表・森山監督も絶賛! 飛び級招集で輝きを放った15歳の点取り屋に飛躍の予感
0-9大敗は市立船橋に何をもたらしたか? 青森での屈辱…名門校に生まれた「ここから這い上がろう」の決意
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~北海道・東北編
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~関東編

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ