「とんでもない潜在能力」とU₋17日本代表・森山監督も絶賛! 飛び級招集で輝きを放った15歳の点取り屋に飛躍の予感

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2021年04月18日

大学生を相手に唯一のゴールを決めて勝利に貢献

明海大との練習試合で1ゴール。15歳のFW貴田がアピールした。写真:徳原隆元

画像を見る

 今春から名古屋で新たな挑戦をスタートさせた15歳のストライカーが、自らの足でFWとしての価値を証明した。

 4月12日から4日間の日程で行なわれたU-17日本代表候補合宿。今秋のU-17ワールドカップは新型コロナウイルスの感染拡大によって中止になったが、選手たちのモチベーションは高い。再来年のU-20ワールドカップを目指すU-18日本代表への昇格、さらに上の代表への飛び級参戦、早期のJデビューを果たすきっかけを掴むなど、選手たちは明確な目標を持って今回の活動に参加した。

 さらなる飛躍を目指して再スタートを切った中で期待に応えたのが、ひと世代飛び級で招集された名古屋U-18のFW貴田遼河(1年)だ。

 昨季はU-15日本代表に招集された一方で、U-17日本代表のカテゴリーは初めての招集。年上の選手たちに臆したり、代表特有の雰囲気に飲まれてもおかしくなかったが、貴田は抜群のシュートセンスで存在感を発揮した。

 とりわけ、目立ったのが14日に行なわれた明海大とのトレーニングマッチ(45分×3本/1○0)だ。

 暴風雨でグラウンドコンディションが難しい状況下でのゲームにおいて、貴田は3本目から2トップの一角で出場。序盤から相手に主導権を握られ、良い位置でボールを受ける回数は限られてしまう。しかし、前線で辛抱強くプレーすると、訪れたチャンスを見逃さなかった。21分に狡猾な動きで相手DFの背後を取ると、MF梶浦勇輝(3年/FC東京U-18)のスルーパスに反応。
「梶くんがボールを持った瞬間に相手が周りにいなくて、自分は裏を見ている状況だったのでパスを要求してボールを受けた。1対1のチャンスを迎えたので緊張して危なかったけど、決められて良かったです」

 四隅を狙ったシュートはポストに当たって冷や汗をかいたが、ゴールに吸い込まれてチーム唯一の得点を挙げた。

 U-17日本代表の森山佳郎監督も貴田のプレーを高く評価。「ひと世代飛び級で招集した貴田は厳しいゲームの中で、最後に虎の子の1点を挙げてくれた」と、期待に応えたFWに賛辞を送った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ