「クボがヘタフェを救ったヒーローだ」久保建英の“311日ぶり”ゴラッソを現地メディア絶賛!「素晴らしい個人技、ミサイルのような一撃」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月17日

「めったに見せることができないような得点だ」

レバンテ戦で圧巻の今季初ゴールを決めた久保。ユニホームを脱いで喜びを爆発させた。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間5月16日に開催されたラ・リーガ第37節で、久保建英が所属する16位のヘタフェが、13位のレバンテとホームで対戦した。

 5試合連続のベンチスタートで、1-1で迎えた75分からピッチに立った久保に待望の瞬間がやってきたのは84分だった。

 敵のミスを突いてこぼれ球を拾うと、左サイドからそのまま持ち込んで得意の左足を一閃。強烈なミドルシュートでネットを揺らしてみせた。

 日本代表MFはこれがラ・リーガでは今シーズン初ゴール。リーグ戦のゴールは、マジョルカでプレーしていた昨シーズンの35節レバンテ戦(20年7月9日)以来、311日ぶりの得点となった。

【動画】久保建英が残留に導く衝撃のミドル弾!ユニホームを脱いで喜びを爆発!
 結局、この一撃が決勝点となり、2-1で勝利したヘタフェは残留が確定。文字通りの“救世主”となった久保には賛辞が集まっている。

 スペイン紙『AS』は、「日本人の重要なゴールが、ヘタフェの苦しみを終わらせた。クボがめったに見せることができないような得点を決めて、ヒーローになった」と絶賛。

 また『Mundo Deportivo』紙は、次のように称えている。

「ヘタフェでは、彼の最高のバージョンを手に入れることができなかったが、今ではほとんど問題にならない。時計が84分を刻んだとき、クボはボールを拾うと、左足でミサイルのような一撃を放ち、素晴らしい個人技で敵を破壊した」

 最後の最後で結果を残したこの19歳は、やはり只者ではない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ヘタフェを残留へと導く圧巻ミドル炸裂!久保建英の厳選ショットを一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ