「僕はイニエスタの偉大さをずっと…」アビスパ福岡スウェーデン人DFが母国メディアに語った日本での生活

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月15日

日本への扉を開くきっかけをくれたのは元清水監督のヤンネ・ヨンソン氏。

福岡で2年目を迎えるサロモンソン。母国メディアに日本での経験を語っている。写真:滝川敏之

画像を見る

 アビスパ福岡で2年目を迎えた元スウェーデン代表のエミル・サロモンソン。今季開幕前、日本での3シーズン目を迎えるにあたり、彼は母国メディア『Sportbladet』に、日本での様子を語っていた。いったい32歳のスウェーデン人DFは、どのようにして日本との接点を持ち、Jクラブとの契約にこぎつけたのか。そして、初めてスウェーデン以外の国でプレーした彼は、極東の島国でのプレーや生活をどう感じていたのか? 現地記者がサロモンソン本人から知られざる舞台裏や率直な言葉の数々を引き出している。

取材・文:エリック・ニーヴァ text by Erik Niva(『Sport bladet』)
翻訳:鈴木肇 translation by Hajime SUZUKI

――◆――◆――

 IFKヨーテボリとの契約が終わりに近づいていた時、新しいことを試してみたくなった。それまでとは別のサッカー環境に身を置く、つまり国外で生活しながらプレーをしたくなったんだ。だけど30歳を間近に控えていたし、僕がプレーしたことがあるのはアルスヴェンスカン(スウェーデン1部リーグ)だけ。だから現実的に考えた。いわゆる知名度のあるリーグは僕が行く場所ではない、と。
 
 日本への扉を開くきっかけとなったのは、ヤンネ・ヨンソンが清水エスパルスで監督をしていたことだった。最初は、清水が興味を示しているという話だったんだけど、サッカー選手にとってはよくあることで、それ以上の進展はなく清水行きの話はたち消えとなったんだ。だけど、ヤンネは清水の監督に就任する前にサンフレッチェ広島で指揮を執っていた。彼はサンフレッチェのスポーツチーフがサロモンソンという名前を覚えてくれるよう、事あるごとに僕のことを口にしていたんだ。

 サンフレッチェには10年近く在籍していた右ウイングバックがいた。ミハエル・ミキッチ。サイドから幾度となくクロスを上げて存在感を放っていた選手だ。そのミキッチが退団することになり、広島は後釜を探していた。そこでヤンネは僕のプレースタイルと特徴をサンフレッチェに説明し、そのおかげでクラブは僕がミキッチの穴を埋めてくれると信じてくれたんだ。僕にとって断る理由はなかったよ。
 
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「勝手にバンバン進めてるけど…」内田篤人が浅野拓磨の退団騒動に懸念!「トルコ、大丈夫?」
「本当に素晴らしいし、どんどん成長している」イニエスタが日本人ストライカーを称賛
Jクラブが早くも激しい争奪戦! 尚志高の規格外DF、チェイス・アンリの恐るべきポテンシャル
【5.15コラム】29年目を迎えたJリーグに夢はあるか? 欧州のハイテンポな進化を追走するには…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ