【J1採点&寸評】横浜×新潟|後半に修正した横浜が、三門の決勝弾で今季二度目の2連勝!

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2015年05月10日

4-2-3-1に変更後は、概ね好プレーを披露。

【警告】新潟=指宿(80分)【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】三門雄大(横浜)

画像を見る

【試合内容】
 試合序盤から新潟の攻勢が続き、11分にコルテースのクロスから指宿が決定機を迎えるがシュートは枠外へ。3バックの横浜に対し、サイドで数的優位を作って押し込み、ゴールまであと一歩のところまで迫った。
 
 対する横浜は、後半は4バックにシフトして反撃を開始する。すると61分に中町のラストパスから相手ゴール前に駆け上がった三門が決めて、貴重な先制ゴールを叩き出す。横浜はこの1点を守り切り、今季二度目の2連勝を達成した。
 
【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・11節

【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
前節に引き続き採用した3-4-3が機能せず、後半から従来の4-2-3-1に戻した。その結果、相手とのミスマッチが解消されて攻撃に出やすくなった。ゴールシーンは縦に速く攻める今季の理想の形から生まれた。
 
新潟 5.5
横浜とは対照的に、前節の3バックから本来の4バックに戻して戦い、サイドで数的優位を作りながら効果的な攻撃を繰り出した。しかし決定機にゴールが生まれず、後半は我慢し切れずに失点。苦しい状況が続いている。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
2試合連続完封を達成。キャッチしてからの迅速なフィードで前線の選手につなげた。
 
DF
27 富澤清太郎 6
後半からボランチに上がり、サイドへの的確な散らしで攻撃の一歩目となる。
 
22 中澤佑二 6.5
3バック、4バックのどちらでもディフェンスリーダーとして最終ラインを統率した。
 
5 ファビオ 6.5
数的同数で守るシビアな場面にたびたび直面するも、身体能力の高さを活かして完封に貢献。
 
MF
13 小林祐三 6
前半は数的不利に陥り、苦しい内容だったが、後半は改善されて、前向きにプレーした。
 
8 中町公祐 6.5
股抜きラストパスで三門のゴールをアシスト。その後の交代には不満のぞかせる。
 
6 三門雄大 7
前半は守備で苦心。それでも思い切りを失わず、後半に会心の決勝ゴール。
 
23 下平 匠 6
前半は高い位置に上がれず、持ち味を出せなかった。後半はリードしたこともあり専守防衛。
 
FW
25 藤本淳吾 6
守備でスペースを空ける場面もあったが、中盤でのキープ力は貴重だった。
 
39 アデミウソン 6.5
質の高いボールキープで全体の押し上げを促した。ゴールがあればパーフェクトに近い出来。
 
11 齋藤 学 6
この日はバイタルエリアでのボールロストが多く、チームにブレーキをかけた。
 
交代出場
MF
28 喜田拓也 6
リードを奪ってからボランチに入り、アグレッシブな守備で全体を引き締める。
 
MF
7 兵藤慎剛 -
後半途中からの出場が続いている。一度あった決定機を確実に決めたかった。
 
監督
エリク・モンバエルツ 6
スタート時の3バックはミスマッチだった。後半から4バックに変更して持ち直す。

古巣相手に値千金の決勝ゴールを決めた三門。攻守にわたり、献身的なプレーでチームを支えた。写真:徳原隆元

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ