【仙台】今季初勝利を呼び寄せた西村拓真「ここからがすごく楽しみ」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年05月01日

「前半から本当にクロスが入ってこなくて」

前半からボールを追い続けた西村。総走行距離はトップを記録した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ12節]ベガルタ仙台1-0柏レイソル/5月1日(土)/ユアテックスタジアム仙台

 サポーターもチームも待ち望んでいた勝利だった。

 2019年シーズンの33節大分戦から、まさに518日ぶりとなったホームでの白星。それを手繰り寄せたのは西村拓真のゴールだった。

 0-0のスコアレスで迎えた68分。右サイドで相手DFとの一対一をかわした蜂須賀孝治がクロスを上げると、上手く抜け出した西村が執念のヘディングでネットを揺らした。

「前半から本当にクロスが入ってこなくて、ハチさんが(途中交代で)入ってから、上手く動き直して入れたと思います」

 西村は自身のゴールについてそう振り返った。

 実際、前半は柏にボールを握られるシーンが多く、コンパクトなブロックで守りながら攻撃を狙うものの、なかなかシュートまでは繋げられなかった。
 
 それでも西村は走り続けた。前線からのプレスも怠らず、この試合での総走行距離は両チーム通じてトップの12.292キロメートル、スプリントも2位の32回をマーク。その献身さが、この試合の決勝点を呼び寄せたと言っても過言ではない。

 今回の勝利については「長い間勝ててなかったんで、ここからがすごく楽しみ。(サポーターの)みなさんと一緒に勝利を分かち合うことが改めて幸せなことだと感じましたし、どんどん増やしていけるように頑張りたい」とコメント。

 またサポーターに対しては「声が出せないなかで、拍手からすごく気持ちが伝わってきましたし、本当に有難い存在です」と語った。
 
 西村が結果を残して掴んだ今季リーグ戦初勝利、そしてユアスタでの開催通算400試合目というメモリアルマッチでの白星を、今後の上昇気流のきっかけとしたい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【J1採点&寸評】仙台1-0柏|MOMは518日ぶりのホーム白星をもたらした西村!同じく最高評価「7」が2選手
手探り状態で先行き不透明なアジア・サッカー界。今後のACL、W杯予選はどうなる?
【仙台】ルヴァン杯出場組はチームを救えるか? 2-5大敗も横浜戦の奮闘に見えた低迷脱却への期待
【セルジオ越後】簡単ではないが“死の組”じゃない。五輪のノルマはメダル。獲らないと話題にもならないよ!
マンUがソン・フンミンへ侮辱発言のファン6名の“出禁”を発表!誹謗中傷が350%増加、衝撃の調査結果も報告

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ