【連載】識者同士のリーガ放談「ストライキの“なぜ”とペップ帰還の舞台裏」

カテゴリ:ワールド

豊福晋

2015年05月08日

TVマネーの分配是正はスペインサッカーにとって最高のニュース。

選手協会、サッカー連盟がそれぞれの理由でTV放映権料の分配に関する法案に反対。5月16日からの無期限ストライキを発表し、リーガの37~38節と国王杯決勝の開催が危ぶまれている。 (C) Getty Images

画像を見る

豊福晋:リーガ前節はバルサが8-0でコルドバを破りました。コルドバには申し訳ないけど、バルサにとってはまるで相手にならない試合だった。あれだけ点が入ると、逆に8点を取った方の凄みが薄れる部分がありますよね? 価値が落ちるというか。
 
ルイス・フェルナンド・ロホ:たしかに8点も入ると、バルサの攻撃力の凄さよりも「なぜコルドバはそんなに失点したのか」という方に目が行ってしまう。コルドバが弱かったんだろう、と。
 
豊福:ロホの『マルカ』紙も、「コルドバは事実上2部降格が決定している相手」と見出しに掲げていましたよね。8ゴールの大勝を大絶賛というムードじゃなかった。カタルーニャの地元紙、『スポルト』や『ムンド・デポルティーボ』はいつものようにお祭り騒ぎでしたが(笑)。
 
ロホ:まあ、うちは元々マドリー寄りの新聞ということもあるけどね。スアレスのハットトリックも、あのスコアのせいで少しインパクトが薄れた。スアレスのハットで3-0だったら、また違ったんだが。
 
豊福:モウリーニョは「プレミアでは6-0や8-0なんていう試合はない」とチェルシーの優勝を決めた後に言っていました。たしかに、リーガはここ数年、2強と下位クラブの差が広がるばかりです。
 
ロホ:2強が特出しているリーガは、競争性が失われている。全体のレベルが高く、均衡したリーグという意味では、プレミアが一番だろう。ただ、現在のバルサの攻撃力が圧倒的だということも確かだ。メッシは最高の状態にあるし、スアレスも絶好調。ネイマールも波はあるがきっちりと仕事をしている。仮にプレミアの下位と対戦したとして、大量得点差にならないとは言い切れない。
 
豊福:「2強とその他」の格差と言えば、ちょうどタイムリーに、リーガのTV放映権収入を均等に分配する法案が可決しました。個人的にはようやく、という思いですが、これを巡って選手協会とスペインサッカー連盟がストライキを起こそうとしている。
 
 理由を本当にざっくり説明すれば、選手協会は自分たち、つまり選手側への分配が不十分として、連盟は政府の主導を不服として、ですね。
 
ロホ:これはポジティブな改革だよ。ストを起こすのはどうかと思うね。LFP(リーグ連盟)のハビエル・テバス会長も言っていたように、均等配分はスペインサッカーにとって最高のニュースだ。
 
 これまではTV放映権料のほとんどを2強が持っていった。新制度になれば、放映権料の50パーセントが全クラブに均等に支払われ、残りの50パーセントは成績やクラブの規模に応じて分けられることになる。
 
 ホームでバルサに0-8で負けた哀れなコルドバにも、それなりの額が入ってくるようになるわけだ。これまで彼らに渡るTVマネーなんて、それこそ微々たるものだった。
 
豊福:長年の懸念だったリーガの歪みが、これでようやく正される。ただ、それで2強との差が埋まるかどうか、これは微妙なところです。バルサとマドリーはスポンサー収入、入場料収入、グッズ販売などマーチャンダイズ収入でも他を圧倒していますから。
 
ロホ:カンプ・ノウのミュージアムは、バルセロナ随一の観光スポットになっているしね。ピカソ美術館やダリ美術館よりも入場者数が多いという(笑)。
 
豊福:カンプ・ノウのミュージアムを訪れるのは年間153万人です。チケットは大人ひとり23ユーロ。15ユーロのサグラダ・ファミリアや20.50ユーロのカサミラなど、世界的に有名な観光名所の入場料よりも高い(笑)。
 
ロホ:ペップが監督に就任してからというもの、バルサ人気はうなぎ登りで、国内でも国外でも凄まじいものがある。
 
豊福:カルト的、カリスマ的な人気がありますよね、グアルディオラには。
【関連記事】
【スペインメディアの論調まとめ】戦術を超越する「エア・メッシ」
【CLポイント解説】バルサを完勝に導いた「圧巻の組織」と「極上の個」
【連載】識者同士のリーガ放談「あえて守備から読み解くリーガ・エスパニョーラ」
【連載】識者同士のリーガ放談「絶好調グリエーズマン ファルカオ越えも!」
【連載】識者同士のリーガ放談「アトレティコが2強の優勝争いの鍵を握っている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ