「卑猥なコメントをしてしまった」元ドイツ代表の名DF、児童ポルノ画像送信で有罪判決に涙

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年04月30日

2002年の日韓W杯では決勝進出に貢献

グレーのスーツと黒のマスク姿で裁判所に出廷したメッツェルダー。自身が小児性愛者ではないことを涙をながらに訴えた。(C) Getty Images

画像を見る

 ドイツ国内で大きな注目を集めた裁判で名ディフェンダーが有罪判決を受けた。

 現地時間4月29日、デュッセルドルフ行政裁判所は元ドイツ代表DFのクリストフ・メッツェルダーに対して、執行猶予付きの禁錮10か月を言い渡した。

 現在40歳のメッツェルダーは約300枚の児童ポルノ画像を所持したうえ、2019年7月~9月にかけてメッセージアプリの『Whatsapp』を使って、3人の女性に計29枚の同画像を送信した容疑で起訴されていた。

 ドイツの通信社『SID』によると、この日、グレーのスーツと黒のマスク姿で出廷したメッツェルダーは証言台で、「インターネット上で見つけた違法画像をスクリーンショットし、それをチャット上でシェアした」と供述。罪を認めたという。
 
 さらに、「チャット上では卑猥なコメントをしてしまったが、これまで子供に虐待を加えたことは一度もない。あくまでもデジタルの世界での出来事だった」と、自身が小児性愛者ではないことを涙ながらに訴えたようだ。

 メッツェルダーは現役時代、屈強なCBとして鳴らし、ドルトムントやシャルケ、レアル・マドリーなどの名門クラブでプレー。ドイツ代表としては、2002年の日韓ワールドカップの決勝進出に大きく貢献するなど、47キャップを記録した。

 2013年の現役引退後は広告代理店の経営やテレビ解説者として活動。地元クラブのTusハルテルンの会長を務めるなど幅広く活躍していたが、今回の愚行によって、これまでのキャリアを大きく傷つけてしまった。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ