「もともとアジアでプレーしたかった」浦和の新助っ人FWユンカーが日本を新天地に選んだ理由

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年04月29日

「ヨーロッパの他の国に行くオプションもあったが」

新加入FWのユンカー。浦和デビューが待たれる。(C)URAWA REDS

画像を見る

 浦和レッズの新助っ人が準備万端だ。

 ノルウェーのボーデ/グリムトから加入したキャスパー・ユンカーは「早くピッチに立って、ゴールやパフォーマンスを見せたい」と意気込んでいる。

 11節時点で浦和は、リーグ14番目の11得点と攻撃の迫力不足が顕著。フィニッシュの精度やアタッキングサードでのアイデアを欠いて勝点を落とした試合が少なくない。

 そこで期待されるのが、このデンマーク人ストライカーである。

 186センチの長身も魅力だが、最大の持ち味はスピードと巧みなポジショニング。鋭い抜け出しで相手DFのマークを掻い潜り、素早くゴールを揺する。

 昨季はノルウェーリーグで27ゴールを挙げ、チームをリーグ制覇に導き、自身も得点王に輝いた実力者だ。

 12月にノルウェーリーグのシーズンを終えたが、来日するまではプレシーズンキャンプでトレーニングをしていたため、コンディションは良い。「14日間の隔離期間があったので、ゴールのフィーリングは取り戻さないといけないが、浦和に加入してからもハードなトレーニングをしていてコンディションも上がっている」という。
 
 興梠慎三、武藤雄樹、杉本健勇と実績のあるタレントとの競争にも意欲的だ。

「経験豊富で長く良いプレーを見せてきた選手たち。それはリスペクトに値することですし、非常に質が高い」とライバルたちを評したうえで、「そこに自分のクオリティも持ち込んで健全な競争をしたい。自分自身もプレーするに値する選手だと証明しながら試合に出たい」と言葉に力を籠める。

 そんなユンカーは「もともとアジアでプレーしたかった」と明かす。

「ヨーロッパの他の国に行くオプションもあったが、他のところでトライし、別の文化を経験したかった。そこで浦和レッズというビッグクラブがテーブルに乗ると、そこにノーとは言えなかった。自分にとって次のレベルへのステップだと思った」

「なかでも日本はハイレベルです。また生活面も素晴らしい。アジアのなかで一番良い国だと思います。さらに浦和レッズはアジアのなかでもっとも大きなクラブなので、ここに来られて嬉しいですし、チャンスだと思っています。サッカーでは楽な選択をするだけでなく冒険したかった。そしてこの国の文化に触れることができますので、とても興奮しています」
 
【関連記事】
【浦和】期待の“02年トリオ”が成長著しい…レギュラー獲得への課題は
「するするってかわしてる」余裕すら感じさせた浦和・小泉佳穂のキープ力に脚光!「めちゃくちゃ効いてた」
浦和・槙野智章が大分・三竿の“突き飛ばし”謝罪ツイートに返答!「二人共いい男や」とファン感動
覚醒する浦和の司令塔…小泉佳穂に備わってきた風格!アシスト以外から見える大きな貢献度
【J1採点&寸評】浦和3-2大分|浦和が会心の逆転勝利!立役者として高評価したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ