「メッシの残留を確信」バルサ新会長が注目発言!ハーランド獲りには「やれることはすべてやる」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年04月17日

「メッシはモチベーションを感じている」

来シーズンにメッシとハーランド(右)の共闘はあるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナのジョアン・ラポルタ新会長は、一貫してリオネル・メッシの慰留に全力を尽くすと強調してきた。そのスタンスに変わりはない。昨年夏に退団を申し出た背番号10の残留を確信している。

 前政権との確執が騒がれ、移籍を志願したメッシは、契約解除金を巡る見解の相違などもあり、最終的にバルサに残った。だが、契約は今季末まで。今後の身の振り方はつねに取りざたされている。恩師ジョゼップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティや、ネイマールとキリアン・エムバペの去就が注目されているパリ・サンジェルマンへの移籍の噂は後を絶たない。

 4月16日には、ラポルタ体制になって初めてのオファーをバルサがメッシに提示したとも報じられた。米スポーツチャンネル『ESPN』は、クラブと選手に近いソースの情報としてこれを否定している。

 ただ、ラポルタ会長がメッシの残留に自信を見せていることは変わらない。17日のコパ・デル・レイ決勝を前に、同会長は『Deportes Cuatro』で「すべて適切に進んでいる」と話した。

「わたしはクラブにできる範囲内で慰留のために全力を尽くす。それが、今われわれがやっていることだ。メッシはモチベーションを感じており、素晴らしい人間だ。わたしは、彼がバルサで続けることを望むと確信している」

【動画】怪物ハーランドがノルウェー代表の 練習中に放った衝撃のボレーシュートはこちら
 一方で、バルサはこの夏の注目株アーリング・ハーランドにも関心を寄せている。選手の父親やミーノ・ライオラ代理人と会談したのは周知のとおりだ。獲得するには巨額が必要なだけに難しいと言われる中、ラポルタ会長は「やれることはすべてやる」と述べた。

「来季に向けて競争力のあるチームをつくるために、われわれはハードワークしなければならない。ただ、いま優先するのは(コパ)決勝に勝つことだ」

 タイトル獲得はロナルド・クーマン監督の今後を左右するとの声もある。来季の編成にも影響するかもしれない。バルサがまず目指すのは戴冠だ。ただ、メッシの去就を巡る喧騒も尽きないだろう。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「この男は誰だ?」“メッシの親友”でお馴染みの元バルサGKの劇的な変貌に現地衝撃!「なんてハンサムなんだ」
ユニホームを投げ渡し、足早にロッカールームへ。ハーランド“怒りの退場”が反響拡大…しかし即座に“鎮火投稿”
「タケは気持ちの整理がつかないだろう」久保建英の起用法にスペイン人記者が苦言!「最悪のシナリオに現実味が…」【現地発】
「幼い頃からダイブの練習をしていた」ソン・フンミンへの辛辣バッシングに韓国メディアが激怒!「無謀な主張、もうガタガタ言うな」
「壊滅的な数字だ」ラ・リーガの“娯楽性”はもはや衰退? 驚きのスタッツにスペイン衝撃!「非常に深刻」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ