• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】C大阪1-2徳島|今季3点目のFWが文句なしのMOM! オウンゴールの西尾は厳しい評価

【J1採点&寸評】C大阪1-2徳島|今季3点目のFWが文句なしのMOM! オウンゴールの西尾は厳しい評価

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月15日

C大阪――ほぼチャンスを生み出せず今季ホーム初黒星

【警告】C大阪=なし 徳島=なし
【退場】C大阪=なし 徳島=なし
【MAN OF THE MATCH】宮代大聖(徳島)

画像を見る

[J1リーグ18節] C大阪1-2徳島/4月14日(水)/ヤンマースタジアム長居

【チーム採点・寸評】
C大阪 5
日程的に徳島よりアドバンテージがあったが、内容は完敗だった。セットプレー以外であまりチャンスを生み出せずに今季ホーム初黒星。スタメンを固定してきたなかで坂元、瀬古ら主力不在も響き、直近3試合で1分2敗と苦しんでいる。

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
3試合連続となる終盤の失点は悔しすぎる結果。ただ相手の先制点、決勝点はともに防ぎようがなかった。

DF
2 松田 陸 6
攻撃参加できる回数は少なかったが、72分の豊川へのクロスは見事。73分にはミドルも放った。

3 進藤亮佑 6
先制点の場面では宮代に対応し切れず。一方、勝利には繋がらなかったものの、ロングスローから移籍後初ゴールを決めた。

33 西尾隆矢 5
言い訳のできないオウンゴールが決勝点に。劣勢のなかで踏ん張っていたが、終了間際に破綻した。

14 丸橋祐介 5.5
セットプレーのキッカーとしてチャンスを演出したが、攻撃参加する場面はほぼ見られなかった。
 
MF
18 西川 潤 5(HT OUT
15分には自陣でボールをキープし切れず、これが1失点目の原因に。見せ場なく、前半のみで途中交代となった。

25 奥埜博亮 5.5
ビルドアップでボールを受けるも、中盤で相手のプレスにはまる場面も散見。今節も両チーム最長の走行距離をマークしたが……。

5 藤田直之 5.5
流れのなかでチャンスを作れない展開で、ロングスローで同点弾を演出。ただ中盤でもう少し攻撃のリズムを作りたかった。
 
【関連記事】
【J1】日程・結果
「欧州よりもはるかに…」浦和のロドリゲス監督がスペイン紙に語った“日本人選手の魅力”とは?「Jリーグは面白い」
「我々はコロナを抑え込んだのだ」韓国側の“マナー違反”の指摘に中国メディアが怒りの反論!「そっちのコーチもマスクを外していた」
「腹が立ったよ、日本に押し込まれて…」韓国代表の左SBが惨敗に終わった日韓戦を回顧!「いまはホン・ミョンボの気持ちがよく分かる」
「印象に残ったのは11番」「オルンガから日本について聞いている」神戸の新助っ人アユブ・マシカが初取材で語ったことは

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ