7戦ぶり勝利の柏が巻き返す可能性。キーポイントは3つ

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年04月12日

ハッキリと速攻狙いだったG大阪戦は躍動感を取り戻した

決勝点を挙げた大谷に集まる柏の選手たち。G大阪戦ではチームに一体感があった。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ9節]柏 1-0 G大阪/4月11日/三協フロンテア柏スタジアム

 大スランプに陥っていた柏レイソルが復活の兆しを見せた。

 6戦未勝利の低調ぶりから一転、G大阪戦では気迫のこもったプレーを披露。守備時は5-4-1でブロックを固め、身体を張ってゴールを死守。ボールを奪えば複数人が飛び出す厚みのあるカウンター攻撃を仕掛け、何度もチャンスを作った。

 そして76分には大谷秀和が“魂の決勝点”を奪い、1-0で勝利。ゲーム内容に目を向けても、チームに闘争心と一体感が蘇ったのは間違いない。

 ただ、リーグ順位を見ればまだ16位。痛恨の躓きをしていただけに、この1勝で「完全復活」と言うのは時期早々だ。果たして柏は、G大阪戦の勝利をきっかけに巻き返せるのか。キーポイントは3つある。
 
 ひとつ目は戦術だ。

 カウンターの起点だったオルンガを引き抜かれた今季、序盤戦はポゼッションにトライ。しかし新たな戦い方がなかなか機能しないまま黒星が重なり、ミスも増える悪循環に陥っていた。そこで戦術の軸をカウンターへ徐々に戻し、ハッキリと速攻狙いだったG大阪戦は躍動感を取り戻している。

 筆者もチームが着手したポゼッションへのトライに賛成派だったが、見解を変えるべき状況になってきた。まずチャレンジできるようなリーグ順位ではなくなったし、慣れ親しんだ戦術で動きに迷いがなくなったのは大きい。また、オルンガがいない状況でカウンターを成立させる活路として、G大阪戦では複数人がサポートに入る分厚い攻撃をできていた。

 もっとも、カウンター一辺倒では限界があると昨季に痛感している。今後のポイントは戦術をどう使い分けるか。序盤戦の拙い遅攻を見る限り、自陣からパスをつないで敵陣に押し込み、相手を崩すのはもう厳しいので、ベースは速攻であるべきだ。ポゼッションを使うのは、素早いアタックで前進したあとの2次攻撃や、リードしている展開でゲームを落ち着かせる時のみに限るのが得策かもしれない。
【関連記事】
【J1採点&寸評】柏1-0G大阪|決勝弾の大谷は「7」、敗者にも「6.5」がひとり。MOMは…
「めちゃめちゃ怖かった」。柏の大谷秀和と北爪健吾が明かす“気迫”でG大阪に勝利した舞台裏「監督から昨日…」
柏が1-0でG大阪を下し、執念で勝点3をもぎ取る!殊勲の決勝ゴールを決めたのは…
【柏】江坂任は代えがきかない存在か。理由となる“稀少なスキル”とは…
新旧“怪物”比較。オルンガとエムボマはどっちがスゴイのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ