【J1採点&寸評】浦和1-0徳島|混乱を収め、古巣の穴を突いたリカルド采配を高評価!西川&槙野が盤石の安定感

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月12日

浦和――MOMは味方に大きな安心感を与えた守護神

【警告】浦和=関根(90分)、山中(90+2分) 徳島=なし
【退場】浦和=なし 徳島=なし
【MAN OF THE MATCH】西川周作(浦和)

画像を見る

[J1リーグ9節]浦和1-0徳島/4月11日(日)/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5

負傷交代でシステム変更を強いられるアクシデントに耐え、後半にセットプレーで決勝点。内容的には苦しんだが、約2年ぶりの3連勝を達成。

【動画】関根が値千金のヘディング弾!浦和vs徳島戦ハイライト

【浦和|採点・寸評】
GK
MAN OF THE MATCH
1 西川周作 7

前半にミドル1本、至近距離からのシュート2本をファインセーブして、勝利の原動力に。セットプレー時の指示も明確で、味方に安心感を与えた。

DF
8 西 大伍 6

徳島のプレスを受ける中でもプレーがブレなかった選手のひとり。相手からすれば、嫌な位置を常に取っている「曲者」に見えるだろう。

4 岩波拓也 5.5
プレスを受ける展開にパススピードを上げる意図は感じられたが、そのボールが浮いてしまうと厳しい。相手ボール時にも安定感を欠いた。

【9節PHOTO】浦和1-0徳島|小柄な関根がヘディングで決勝ゴール!浦和、3連勝を達成!
5 槙野智章 7
相手ボール時には最終ラインで強さと安定感があり、マイボールではミスをしそうな雰囲気もない。3連勝の達成に大きく貢献した。

6 山中亮輔 6.5
関根に正確なクロスを提供して決勝ゴールを導く。相手ボール時にも、自分のサイドを突破される場面はほぼなかった。

MF
17 伊藤敦樹 6

1ボランチでスタートし、交代でダブルボランチに。動きすぎずに中央を維持して、カウンターを受けた場面ではボール際の強さを見せた。

41 関根貴大 6.5(90+5分OUT)
狙い通りの形で決勝のヘディングシュートを決める。西のサポートを受けながら、果敢に突破を試みる場面も増えてきた。

37 武田英寿 ―(11分OUT)
開始直後に1本シュートを放ち、無念の負傷交代。状態が心配される。
 
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「誤審も含めサッカーという時代を生きてきた私は…」。原副理事長が語る“VAR導入の是非”
浦和、関根貴大の決勝弾で3連勝! ロドリゲス監督が古巣徳島との同勝点対決を制す
「何をしてもカッコいい!」浦和レッズ槙野智章のオフ・ザ・ピッチ姿に反響「どこの使ってるんですか?」
南野拓実にリバプール復帰のチャンスはあるか? 「レッズが放出予定の7人」を報じた英紙の見解は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ