【J1採点&寸評】横浜1-0C大阪|MOMは決勝点のオナイウではなく…。敗れたC大阪も守備陣には高評価を

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年04月07日

横浜――T・マルチンスは圧倒的な能力を披露

【警告】横浜=仲川(45分)、高野(54分) C大阪=松田陸(35分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】チアゴ・マルチンス(横浜)

画像を見る

[J1リーグ8節]横浜1-0C大阪/4月6日(火)/日産スタジアム

【チーム採点・寸評】
横浜 6

ゴール前のアイデア不足とC大阪の粘り強い守備で苦戦。それでもCKからの得点でなんとか勝点3を獲得した。

【横浜|採点・寸評】
GK
1 高丘陽平 6

プレッシャーを受けるとキックがやや不安定に。それでも、61分の直接FKを見事にセーブするなど、及第点は与えられる出来だろう。

DF
4 畠中槙之輔 6

空中戦の強さは抜群で、ロングボールに対して競り負ける場面はほとんどなし。相手を脅かす積極的なミドルシュートも。

MAN OF THE MATCH
13 チアゴ・マルチンス 6.5

持ち前のスピードと身体の強さで相手FWに起点を作らせず。連続した攻撃が可能だったのは、このCBの存在が大きい。

16 高野 遼 5.5
前半終了間際に、果敢な攻め上がりから好クロス。ただ、対峙した西川や松田陸を相手に後手に回るシーンは少なくなかった。

27 松原 健 6
チームとして押し込む時間が長かっただけに、高い位置取りで積極的に攻撃参加。正確なパスでボール回しを円滑にした。
 
MF
6 扇原貴宏 6.5

ピッチのいたるところに顔を出してセカンドボールを回収。散らすパスも正確で、チームに欠かせない存在だと証明した。

8 喜田拓也 6 (78分OUT)
豊富な運動量を生かして広範囲をカバー。CBと協力して相手FWを挟み込み、C大阪の攻撃を分断した。

14 天野 純 5.5 (67分OUT)
最終ラインと前線をつなげる存在でボールは収まった。ただ、ゴール前でのアイデアは不足していて、目立った活躍はなかった。
 
【関連記事】
【J1ベストイレブン】鳥栖の無失点記録を止めた奥埜がMVP!川崎、徳島、神戸、浦和から2名ずつ選出|7節
「モデルさんか何かかなぁ」Jリーグ『サポコレ』の女子サポにファン喝采!「スタジアム女神」
ビジャが選ぶ『注目のJリーガー3選』! スペインのレジェンドも「凄すぎる」と驚愕したのは?
「ハリウッド最大のスターと関係を…」本田圭佑の“変貌”に欧州驚愕!「ピッチでプレーするだけの選手とは違う」
「エグいな」「寒イボ立った」蹴れるのは地球上で2人だけ? GK西川周作の“弾丸ロングフィード”に脚光!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ