【シュウペイcolumn】画面に映る三笘選手の独り言。あれ、なんて言っていたのかなぁ

カテゴリ:連載・コラム

シュウペイ

2021年03月31日

U-24の選手たちは、全ポジション、みんな足もとが上手い

巧みな裏抜け&トラップでアルゼンチンからゴールを奪った林。「技術の高さがうかがえるゴールだったと思います」。代表撮影:日本雑誌協会

画像を見る

 どもー! ぺこぱのシュウペイです!

 これから『サッカーダイジェストweb』でコラムを連載することになりました。Jリーグや日本代表、海外サッカーなど、不定期ながらユル~くやっていくので、ぜひ読んでおくんなましー。

 第1回目は、先日のU-24日本代表のアルゼンチンとの2戦目、そう、3-0で完勝したゲームについてです。

 1戦目は0-1の敗戦。日本は前半、なんとなくゲームの感覚を掴むのがちょっと遅かったのかなという感じで、でも後半に修正して、ノリノリでパスをつないだりとかできていました。アルゼンチンの身体の強さ、球際の激しさが印象的でしたけど、2戦目は日本も強く行けていたし、前線からのアプローチも効いていましたよね。

 球際でお互いに激しくバトルするなかで、日本はしっかりとキープできていた。そこは大きかったと思います。たとえば久保選手にボールが入れば、周りがすぐ動き出してパスをつないだりとか。久保選手が仕掛ける時もあれば、囮になる時もある。左右からの攻撃も目立っていて、中央からも崩す。いろんなところから、いろんな形で攻撃を仕掛けることができていましたよね。

 金メダル候補と言われるアルゼンチンに対して、テクニック的に日本は全然負けていなかったし、むしろ圧倒していた感も。1戦目は相手のパススピードが速かったけど、2戦目では逆に日本が思うようにボールを動かしていた。アルゼンチンも焦ったはずで、アフター気味のファウルとかありましたからね。精神的にも追い詰めることができていたんじゃないでしょうか。

 U-24の選手たちは、全ポジション、みんな足もとが上手い。日本らしいサッカーを表現しながら、随所に際立つプレーを見せていたと思います。

 そして45分に先制点が生まれる。瀬古選手のロングフィードに林選手が抜け出し、巧みなトラップでボールを収めて、GKとの1対1を制す。

 僕も学生時代はFWでしたけど、その経験から言えば、ボールが前線に届くまでの間の動き出しやポジションの取り合いで、相手DFに身体をバンとぶつけられると、その後のトラップも上手くいかなくなるんですよね。
 
 でも、林選手の得点シーンではそうはならず、上手く動き出して、追いかけてくる相手の前に入るようにトラップして、最後はコースを狙ってシュート。技術の高さがうかがえるゴールだったと思います。

 ニアを抜いたシュートも、そのコースは絞って消していた相手GKからすれば「え、そこ狙うの!?」と思ったはず。林選手が駆け引きに勝った形ですよね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ