「彼らは容赦なかった」独仏メディアが日本の“残酷な勝利”を評価する一方…「アジアでは圧倒的なレベル差がある」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月31日

「6分に1回ゴールを決める」「ほとんど何でもあり」

ハットトリックを達成した大迫、ボランチで先発した遠藤は、普段はブンデスリーガでプレーしている。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月30日、カタール・ワールドカップのアジア2次予選モンゴル戦がフクダ電子アリーナで行なわれ、日本が14-0で勝利を収めた。

 アジア2次予選とはいえ、数字の持つ?インパクトはかなり大きいようだ。ドイツのサッカー専門誌『kicker』は、公式SNSで「14対0」という結果とスコアラーの名前、そして「日本代表は容赦なく試合を続け、チームにおける史上2番目の勝利を収めた。1967年のフィリピン戦の結果は15-0だった」いうコメントを発信。

 写真にはブンデスリーガのシュツットガルトでプレーする遠藤航、ブレーメンに所属する大迫勇也を採用し、ハッシュタグで南野拓実、鎌田大地の名前を添えている。
 
 また、今回はフランスの大手テレビ局『RMC Sports』も、この結果を大々的に伝えている。

「南野拓実が先制し、大迫勇也がハットトリックを達成した日本は14-0という驚くべき結果を残した。6分に1回のペースでゴールを決める、ほとんどなんでもありの展開だった。いわば本物のデモンストレーション。5-0で前半を折り返したサムライブルーは、試合終了のホイッスルが鳴るまで暴れまわった。特にアディショナルタイムの3ゴールは圧巻だった」

 そう評価する一方で、同メディアは「アジアでの“レベル差”は大きい」と綴っている。

「アジアの強豪国とそうでない国との間には、圧倒的なレベル差があることを証明するような、記念碑的な勝敗だった」

 日本の14発は驚嘆に値する。だが、アジアでの試合という視点で見るヨーロッパ・メディアにとっては、アジアでの“実力差”も驚きの対象であるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【モンゴル戦|記事一覧】Pick up PLAYERS、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【関連記事】
【モンゴル戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本14-0モンゴル|採点&寸評】MOMを選ぶのが難しい各選手の活躍ぶり! 最後まで手を抜かない戦い方は見事
モンゴル一蹴も目を向けたい“懸念すべき依存”。守備陣で心配なのが…【編集長コラム】
「現代サッカーではめったに見られない数字」歴史的14発に欧州メディアも驚愕!「異常な強さで圧倒した」
大量14発の攻撃陣を牽引! 大迫勇也がハット達成の要因を明かす「今日はいつもより…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ