• トップ
  • ニュース一覧
  • 久保建英のドリブルになんと頭から突っ込み…。アルゼンチン主力FWの鬼気迫るプレーに感じた「日本との差」

久保建英のドリブルになんと頭から突っ込み…。アルゼンチン主力FWの鬼気迫るプレーに感じた「日本との差」

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年03月27日

猛アピールが必要な当落選上の選手ではない

久保(右)がボールを持った瞬間に頭から突っ込んで行ったのがことウルシ(19番)だ。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[国際親善試合]日本 0-1 アルゼンチン/3月26日/東京スタジアム

 U-24アルゼンチン代表のFWが見せた気迫のプレーに、南米サッカーの真髄を見た気がした。

 U-24日本代表は3月26日、南米の強豪アルゼンチンU-24代表との2連戦の初戦に挑み、0-1で敗れた。その一戦で驚きのプレーが生れたのが27分だ。自陣からカウンターを狙おうとしたアルゼンチンは、アグスティン・ウルシにボールが渡るがトラップが大きくなってしまう。

 そのボールを久保建英が拾うと、なんとドリブルを防ごうとしたウルシは、頭からボールに突っ込んでいったのだ。ボールを奪われたら取り返す、1対1では絶対に負けない、そんな気迫が溢れるプレーだった。

 ちなみにこのレフティは、南米予選も主力として出ており、五輪本番でも選出される可能性が高い。もちろん安泰ではないが、猛アピールが必要な当落選上の選手とは違う。それでも、この一戦に懸ける想いは、ひしひしと伝わってきた。

 この試合前の合宿期間に行なわれたオンライン取材で、MF相馬勇紀が「日本と違って1対1が11個あるイメージ」と語ったように、アルゼンチンや南米サッカーの印象として「1対1の激しさ」をあげ、「そこで負けないようにしたい」とコメントした選手は少なくなかった。

 だが、このウルシのような鬼気迫るプレーをした選手がどれだけいただろうか。

【動画】日本が金メダル候補に善戦!U-24アルゼンチン代表戦のハイライト
 キャプテンの中山雄太も、試合後に次のように語っていた。

「僕らも何回かゴール前で惜しいチャンスを作ったシーンがありましたけど、最後に身体を投げ出してきて、ゴールから1メートルくらいのこぼれ球を押し込めなかったシーンが何度かあった。そこはもちろん見習うべきポイントです」

 身体を投げ出してでも敵を抑え込む。泥臭くゴールをこじ開ける。29日の再戦では、そんなプレーを日本の選手たちにも見せてほしい。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】U-24日本0-1U-24アルゼンチン|久保・三笘らチャンスを作るもゴールをこじ開けられず… 3日後の再戦に期待
【関連記事】
【セルジオ越後】久保や三笘は視聴率に見合う活躍をした?ゴールに向かう怖さがまったくなかったよ
【日本0-1アルゼンチン|採点&寸評】南米の強豪に善戦も最後の局面で精度を欠いた攻撃陣は厳しい評価に…
「日本国旗なんてふざけるな!」韓国代表ユニの胸元に刻まれた“世界基準”がまさかの大炎上!「自尊心はどこへ?」
金田喜稔がアルゼンチン戦を斬る!「“突破できない”三笘。だからこそフルで使えばチャンスを作れたはず」
「マドリーを激昂させる」久保建英が受けた危険タックルを海外紙が報道!「最も恐れるのはFIFAウイルスだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ